FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
相変わらず非常識で品性下劣に過ぎます。個人的に耐えられそうもない気がしてきました。それだけの我慢を強いられてそれに見合う面白さがあればいいんでしょうが、残念ながらギャグのセンスが全く合わないので、面白くも感じないというので救いようが無いです。

うーんチャンピオンらしい下品さと言えばそうかもしれない。
スポンサーサイト
まぁ戦力的に考えても出雲荘の面子は一丸となる必要性があるでしょうから、風花がとりあえずフリーなので彼女からというのは妥当なところ。真剣勝負している割に奇妙なお笑い感があるのがらしいです。実はなんだかんだいって細かい描写まで気合いはいって作られているので、見ていると面白いです。

しかも、バトルは超能力系なんで見ていて派手です。バランスとして結構良くできているというのは前作も同様です。風花とか月海とか可愛らしいですしね。結が単におバカなだけに見えてしまっているのがちょっと残念ではあります。

というかね。葦牙の存在ってのがよく判らないんですよ。彼ら彼女らが居なくなったらどうなるんでしょうねぇ。未だにセキレイのシステムが良く判らないんですがね。
2010夏調査(2010/4-6月期、終了アニメ、22+4作品)

01,薄桜鬼,D
02,B型H系,C
03,くるねこ,x
04,kiss×sis,C
05,WORKING!!,C
06,ご姉弟物語,x
07,デュラララ!!,x
08,Angel Beats!,D
09,さらい屋五葉,A
10,怪談レストラン,x
11,四畳半神話大系,x
12,聖痕のクェイサー,D
13,閃光のナイトレイド,D
14,迷い猫オーバーラン!,D
15,いちばんうしろの大魔王,D
16,荒川アンダー ザ ブリッジ,A
17,一騎当千XTREME XECUTOR (4期),C
18,真・恋姫無双 乙女大乱 (2作目、2期),C
19,おおきく振りかぶって 夏の大会編 (2期),x
20,増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和+ (4期),x
21,鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST (2作目),x
22,スティッチ! いたずらエイリアンの大冒険 (2期),x
23,ヒゲぴよ (3月終了、調べ忘れ),x
24,炬燵猫 (3月終了、打ち切り),x
25,化物語 (つばさキャット編),x
26,化物語 (全15話),x

(以下、自由記入)

残念ながら普通レベルに至れないものが多かったです。2期前提になって中途半端というのはこれまでも良くあったパターンですが、それにしても限界を超えて酷いなというのもちらほら。話全体にまとまりが無く何を描きたいのかさっぱり判らないというのもありました。複数の要素を入れようとして収集が付かなくなったんじゃないかと思えるものもあったりと、何かをこれまでと変えようとしているのかもしれませんが、それにしても完成度が低いなというのが今期でしょうか。

そんな中でさらい屋五葉だけは光っていました。原作の魅力というのに相当助けられた部分もあったのかもしれませんが、それを十分出せたというだけでも賞賛です。マングローブのカラーと合ったということなのかもしれませんが、いずれにしても良い結果を招いて特筆すべき作品になっていたと思います。2クールでじっくりやればさらに良くなったかもしれません。1クールだと消化不良という感じもしましたね。荒川はまぁ順当なところ。

美少女三国志2つはすっかりポジションを確率したという感じがします。頑張ってますね。粘り勝ちという感じです。一騎当千のおかげで恋姫は随分助かっているんじゃないかと感じます。エロ系の2本クェイサーとkiss×sisは陰陽という感じで面白かったですが、エロに完全特化出来なかった分クェイサーは無理がきましたね。

迷い猫はオムニバス形式の悪いところがモロ出た形で、全くまとまりが無くなってしまいました。暴走した回なんかを楽しめれば差引でゼロだったのかもしれませんが、個人的には好みから相当離れた大暴投だったので、結局足が出たという感じです。

うーん、今期は新房作品も無いしなぁ。不安がつのります。
ここで内部競争タイミングとしては悪くない。けれど、こういうカンフル剤は調子の良い時には微妙ではあります。けれど、中長期的に見れば競争は無いと停滞しますから、タイミングを選べない以上常にその状態を維持する方が正しい姿でしょう。

決定的な外国人選手が居ないというのはこう言う時にはプラスに働くかもしれません。補強失敗の話じゃないですけど、コストのかかった選手にはそれなりに働いて貰わないとフロントの責任ということになりますから、単純に調子の善し悪しとかだけでメンバーが決められているという訳でもないように感じます。

そういう政治的な部分も含めてチームは成り立っているので、出場機会を勝ち取る為には諸々と難しい事も出てくるかもしれません。何れにしても結果を出せればそう簡単に下げる事は出来ないだろうし、それを出すためのモチベーションを維持するというのに競争は一役買うことができるかもしれません。

結果としてどうなるのか、とても興味深い展開です。