FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ちょーっちネタバレし過ぎかなという気がしますが、丁寧に作って居たなと感じました。単話としてみればそれなりという感じ。当初とはオカルトの使い方が異なってきていて、マヤちゃんの心情を中心に描くのだとしたら、もう少し突っ込んだところが欲しいという気がします。結果として作品全体のカラーが曖昧になってしまっているという印象があって、それが明らかに損になっています。

親父は良い味を出していましたが、本来であれば亜美との関係をもう少しクローズアップするべきで、あるいは親父とマヤの父親をオーバーラップさせるとかもうひと工夫しないと単に可愛い親父だよねぇで終わってしまうんじゃないかと思います。

あるいは前回やっと変化した文明くんとの関係を掘り下げても良かったとは思いますね。やってはいるんだけど、遠回しすぎる印象。描きたい事がはっきりしない理由はそういうところにあるように思えます。
いいんじゃないですか。これまでみたいに非日常を何気に描くというのも面白いですが、それを恋愛モノに転換させるとこうなるという感じに旨く仕上がっています。こういうような内容ってのは、直球で書かれるとドン引きになる可能性もあるんですが、微妙な女の子の心情を無理のない形でかつ周辺のキャラに影響を与えないようしながら描き込みに成功しています。

ちょっと物足りない感じもしますが、まぁ寸止め系恋愛モノとしては妥当なところでしょうか。ところどころに散りばめられたギャグはなかなか面白かったし、特に久々登場の先生は可笑しかった。けれどもバランスとしてはやや弱かったかもしれません。

発情期を薬で抑えちゃうんだ。仮想処理するわけじゃないんだ。ちょっと残念。確かに諸々の設定がSFっぽくないのは事実ですが、それが売りですから仕方ないですねぇ(笑) 宇宙船を低速飛行させると糸でつっているように映像に写るってネタは笑いました。
勘違いネタ連発。この手の話は王道で既にワンパターンですが、それは効果があるから王道ってことなんでしょう。キャラの異常性も抑えられて比較的ちゃんと見ていられました。というか、ノーマルな反応じゃないと、このネタ成立しないですしね。

まぁ連続して使えるネタじゃないことは確実なので次回以降どうしてくるのかというのは課題なんですが、ともかくちゃんと作ればそれなりには見られるというのが照明されたということだけでもめでたいことかもしれません。
わざわざネタ出し回を用意しての壮大なネタ出しです。第1回目は確認事項に留まって特別新しい情報はありませんでした。次回以降に期待です。こういうやり方は下品だと思いますが、それでも謎を無意味に引っ張り続けるよりははるかにマシです。次回以降に期待する事としましょう。

状況は不明でも話は強制的に進行します。ゲームマスターが存在する事でその辺の進行は自由に行われます。これがこの作品の大きな特徴。マイナスに働く事もあるかもしれませんが、比較的旨く使っているという気がします。

108羽の内何羽が残っているのか判らないですから、その内6羽所有しているからといってどの程度の戦力になるのかが判らない状態です。結局状況が先行する形で進んでいくようです。それ自体はこれまでと同じですが、バランスが変化して少し状況が変わる事を期待する事としましょう。
好調なチームというのは好調である理由というのが存在するし、その好調さ故に自信もある。その自信が落とし穴になるという可能性を示唆していましたが、勢いで走りきってしまえば勝ちというのも事実です。それに対抗するのにまずディフェンスからというのは正しいし、一見ミスマッチに見えるマッチアップで成功したというのも大きい。

指示は単純で、どんな状況でもマークを離すなというのは何度も言われていたはずなのに、いざという時になるとつい離してしまう。その気持ちは判らないでもない。というかプロになるレベルの選手なら頭より身体が先に動くというのもあるでしょう。ワンミスが許されないだからディフェンスは難しいというのもあります。

じゃあ攻撃面はどうするのか。先制された以上良い勝負以上をするにはともかく追いつかなければならない訳で、守ってばっかりもいられない。まず守備の建て直しといくのか、攻撃に活路を見いだすのか、その辺の選択も次回の見所になりそうです。
見事なまでのインターミッションぶりでした。ここまで本筋と関係無い話をこの段階で持って来るとは良い度胸という感じです。勿論悪い意味で。そもそも腐女子系であるという段階で安っぽいキャラ設定に呆れていたところだったんですが、せめて話位はもう少しなんとかと淡い期待をしていたところ、所詮腐女子系なんてものは萌えの逆パターンでしかないのかとガッカリです。

まぁ当初から彼女がメイドであるというのが完全な形式でしかないというのが鼻につきまくっていたんですが、結局完全を目指したけど完全になれない女の子を完璧な男が手助けするという形式になっているようです。

碓氷をもう少ししっかり描ければ目もあったんですが、出自を謎にしてしまったのが致命傷です。構成上どこにも救いようがないように思えます。
うーん、あそこに行って何が判ると思ったのかがまず判らない。偉く作為的なものを感じます。ミメットのコアで何が出来るのかが判りませんが、あれだけ動けるロボ子ちゃんを作れるならもういらないような気がするんですが。

感情とか、喋るとか、動けるとか、そういう部分は魔法ということで笑ったとしても、形だけでも人間と同等レベルのものを作るというのは、ほとんど不可能だと思うんですが、そこは何気にスルーされていますね。まぁ突っ込んでも意味もないでしょうが。

どうも全体がフワフワとしていて、腰が入っていないという感じがします。掴み所が無いという方がいいかもしれません。それじゃあなぁどうにもなぁ。
いや?正直きつくなるんじゃないかと思っていたんですが、良く粘ります。立派なモンです。ここへ来て七花に変化が出てきたということを明示できたのも大きくて、それを前提として新しい話を構成する事ができるでしょう。

とがめにしても否定姫にしてもこれまではどんな意味合いがあるのか良く判らなかったのですが、今回は大分役目を強めてきました。話を進行させてきたのは彼女達ですから無意味ということにはなりませんが、逆に言うとそれだけの存在でしか無いように思えました。

毎回毎回新鮮な味を堪能させてくれるというのは本当に驚異的です。恐らくは原作のパワーなんだと思います。西尾維新の物語構成力たるや感嘆としか言いようがありません。
外堀から埋めて行ってるのかもしれないけれど、どうも展開が遅くてもどかしい。つかかったるい。面白い話というのは展開が速く感じるものが大抵なので、遅いとか怠いとか感じられるとそれだけで一気にモチベーションが下がります。

ってか、話もキャラの関係性もほとんど一話から変わってないような気がするんですが気のせいでしょうか。もういい加減長くやってるんだからもう少し変化というものが見えても良いと思うんですけどねぇ。
FC2テーマ:伝説の勇者の伝説 | カテゴリー:アニメ
コメント:0 | Page Top↑
ん?ちょっとベタかなぁ。恋愛ものだからベタが必ずしも悪いとは限らないんだけど、それにしてもと感じてしまうのはやっぱりキャラ描写が甘いからなんじゃないかと言う気がします。ここまでを見る限りキャラがかなり濃く色付けされているんだけど、そういう場合にはそれこそ普通以上にしっかりとした描写が無いとキャラが軽くなってしまいます。今回もそういうパターンにはまっているように感じられます。

幼なじみとか仲の良い異性が恋愛感情に目覚めるというのは鉄板なんですが、それだけにその変化点については納得のできる描写が必要になります。そうなりましたという結果を押しつけるだけでも納得できてしまう状況なだけに、雑な展開は目に付きます。

全般表現が荒いなぁというのが正直な感想。もう少し旨くやってくれないと醒めちゃいますよ。
うーん、オカルトである以上何らかの意図があると思うんだけど、奴等の目的が判らないです。実は一番笑ったのは医者が限界を告白しているところ。これは極端な例だろうけど、実際のところ医者なんてほとんどの病を治すことはできない。しょせんその程度のモンだってことですよ。それで高級貰って外車乗り回して居るわけですから無責任極まりまっています。

まぁゆっくりと順序だてて進行していくというのは判らないでもないですが、ちょっと勿体付けすぎというのが正直な感想です。同じところを行ったり来たりまさしく三歩進んで二歩下がる的な嫌みな展開です。ホラー色を残すからこういうことにならざるを得ないんでしょう。

恐怖感を煽る為にわざわざそれをしているのがあからさまです。判らないもので結果として人が死んでいくというのが精神的には恐ろしい。しかも状況すら明らかにされないので、なんでもアリです。オカルトですから理由なんて幾らでも後付け出来ます。

既にこういう物語構成というだけで虫唾が走ります。個人的にとことんまでホラーには合いません。
そして二人はお星様になりました。とそうなるべきな展開だし、そうなれば楽しかったのに残念ながらそうはなりませんでした。まぁ判ってましたけどね。お気楽極楽の萌えアニメにおまけで戦闘が付いているようなものですから、不条理とか理不尽とか突っ込んだら負けって奴なんですよね。

まぁ言ってもそれほどの害がある訳でもないのでまだ良いといえば良いかもしれませんが。
今回も新井里美全開です。大神さんの描き込みを信仰しなければならない状況で、旨く話を作ったなぁという感じです。無理無理に書こうとすると雰囲気が壊れますが、依頼と記憶喪失という小道具を使って普段とは違う大神さんを作りだすというのはなかなか狡猾です。

亮士くんの二重人格ぶりがちょっと鼻に付き始めてきましたが、大神さんは弱いということを強調するには大して強さを求められてしまうからヘタレを続けるという訳には行かなくなります。そのギャップを克服するのは結構難しそうですが、ここまでは比較的旨くやっているように思えます。

段々話の核心に近づくに従って維持するのが難しくなってくるでしょう。その高くなったハードルをどうやってクリアするのかこれからが楽しみです。
きのう、KazuSで携帯しないです。
それでKazuSと関係性が意味ー!

*このエントリは、ブログペットの「こぺん」が書きました。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
現実もそうですが、文化祭の文化の部分はどこへ行ったのかって感じのお祭り騒ぎ状態です。お祭り騒ぎは好きな人が多いようですが、個人的には周囲がお祭り騒ぎになるとひときわ醒める天の邪鬼なのでこの話だけでもアホらしいという感覚が沸き上がります。

これもやっぱり馬鹿が話を壊しているように感じます。そして一夜漬けでなんとかなるのが軽音部ってことですね。まぁ天才音楽少女物語にもなっているので、その辺は道理でしょう。もう真面目に考えるのが愚か者ってことなんでしょうね。つか徹夜じゃなかったのかよ。単に学校に泊りたかっただけじゃねーか。

よくもまぁこんなものを2クールもやるよなぁ。
極限状態になると良く判る世の中には救いようのない馬鹿が大量に存在する。というか馬鹿ばっかであるという事実。しかし、高級マンションとは言え室内に籠もっていればある程度の安全が確保できるのであればこんなhじょうたいになるのだろうか。空気感染とかするわけでも無し。どうも道理が合わないような気がします。

幾ら感染すると人を襲うからと言っても、リミッターが外れて超人的な力を発揮していると言っても一日や二日でここまで感染するというのはおかしな話のような気がします。しかもそれが世界規模ってどんだけだよって感じがします。風呂敷を広げると危機感を煽れますが、その分ボロも出やすくなるので注意が必要でしょう。

まだ生きてる。あぁなるほど過去を維持しているという意味では生きているですが、生きているとはなんなのか。民主国家では少数になれば善悪が逆転しますから、ゾンビの数が非ゾンビの数を越えた時点でゾンビこそが生きているということになるでしょう。どんな馬鹿でも愚か者でも同等の結果を保証するべきだというのが昨今の風潮らしいですから、多数派となったゾンビには食い殺されてゾンビになるのが一番の正義でしょうね。

現場が混乱するのは仕方ありませんが、あと数日もあればある程度の解析ができて根本的な解決策が見いだされるでしょう。あの状態なら数匹のゾンビを捕獲するのは難しいことではないし、原因はともかく行動原理は単純なようなので、ともかく処理の仕方は難しくないでしょう。というか難しくしてしまうと高校生数人では絶対に対処不可能になるので話が成立しません。

よって見切りさえ付けられればどうにでもできるでしょうが、極限状態なら比較的容易に見切りも付けられるでしょう。だからこそ世界レベルのパニックにするのは危険な設定です。
携帯電話+Bluetoothヘッドホンの組み合わせで通勤時間を過ごすようになってもう結構経つのですが、例えば音質の問題とか、LISMOのくそったれな使い辛さとか、バッテリーの問題とかそういうところはあるものの、何にしても電話と音源が一個になるという点とBluetoothの便利さにすっかりはまってしまって、メリットがデメリットを大きく超えて居るとの認識でそのまま来ていました。

そんな状態なので特別困っているとかってことは全然無かったのですが、たまたまBluetooth関連で検索している時に引っかかったJ3がBluetoothを搭載した最新DAPだと言う事で反射的に購入してしまいました。WalkmanのA820を買い損ねてからこっちそういう機種をほとんど見かけなくなってしまったのと、DAPそのものに対する必要要件が下がっていたので情報をほとんど入れて居ませんでした。

まだ、届いてから日数が経っていないのでそれ程使えてはいないのですが、既にレビュー関連はあちこちでされていて、内容は概ね正解だなぁという印象です。音についても操作性についてもカスタマイズ性に関しても、使ってみるとなるほどなぁという感じです。あえて特記するなら、操作に関しては、?中は?ボタンは効かない的な排他の部分が幾つかあって、それに慣れないとハングしたかと思ってビビります。後はやっぱリモコンが欲しくなりますね。ちょっとした操作をするだけでイチイチ本体を取り出していじくるとかあり得ない位面倒です。

写真で見た印象よりはかなり小さくて軽いです。Yシャツの胸ポケットに入れても全く違和感を感じない程度と言えば判り易いでしょうか。背面がプラなので、白を選択すると特にチープな印象を受けますが、それが軽さに貢献していると考えればアリでしょう。これで32Gの内臓メモリと公称64時間の連続再生可能なバッテリーが搭載されていると思うと驚異的です。レザーケースと迷ってゴムのような感覚のウレタンで作られているTPUケースにしたんですが、それで良かったと思います。この小ささと軽さを損なうのは大きな損失だと思います。

で、このDAPですが色々な機能を持っています。音楽やムービー、画像の再生は勿論のことテキストビューワーだのコミックビューワーだのメモ帳だのゲームだの、時計やカレンダーと機能満載です。それ自身は既に数年前に購入したYP-T9でも傾向が見えていたので驚くことでも無いのかもしれませんが、画面が大きくなってタッチパネルが搭載され、かつ操作インターフェースまでカスタマイズ可能となってくるとこれってほとんどPDAだなって感じになります。

要は音楽再生関連のハードとソフトを強化したPDAという印象がすごく強いです。勿論さすがにPIMが搭載ということは無いですが、既にカレンダーは搭載されている訳ですから、ちょっと機能を足せばスケジューラー位は出来そうです。まぁ用が足せるかは別問題ですが、メモリ容量もギガオーダーだし、SDスロットも持っていますからいくらでもアプリやデータは入るでしょう。一時期携帯電話がそれを目指していたんですが、タイミングと操作性の問題で地位を獲得出来たとは言い難い状態で終わりました。今はタッチパネルの文化が一般にも根付いてきてそれが可能になったのかもしれません。つかiPod Touchとかまさにその通りって感じがしますね。

既に音楽再生に特化した高性能DAPなんてほとんど存在価値が無くなっているんじゃないかと思うんですよ。携帯でもPDAでもゲーム機でも音楽再生機能はまず搭載される。複数の機械を持てばバッテリーの心配をそれぞれにしなければならなくなるし、アクセサリーなんかもそれぞれ揃えなきゃならない。別体にするにしてももっと小型なものは幾らでもある。そんな中である程度の大きさの筺体を別に持つというのはそれだけで面倒で、それをする程のメリットを感じられなければ便利な方に走るというのは道理だと思います。

音質についてはDAPを称する機械の方が能力が高いのは現時点でも変わりませんが、それ以外でも困ると言う程悪いわけでもない。そこまでの音質を携帯プレイヤーに求めている人が果たしてどの位居るのか。と考えるとやっぱりそれほど多くないんだろうなという気がします。DAPが進化してPDAになりPDAは進化してSmartphoneになった。Smartphoneは究極形ではあるものの毎月キャリアに布施が必要になる。通信要件が無いならPDAで十分って考えも成立するでしょう。まぁそれはそれで高機能携帯にぶつかるので、そう簡単って訳にはいかないとは思いますが。

そういう意味でJ3という機種は意欲的な機械だなという気がします。逆に言うとWalkmanとかってコンサバだなぁと思いますね。カタログとかを見ても魅力を全く感じない状態です。まぁそういう需要が完全に無くなるとも思えませんが、そんなニッチなところで勝負することを望んでいるとも思えませんので、そろそろ発想の転換が必要な時期に来ているんじゃないか。というかそれが出来なくて苦しんでいるんじゃないか。なんかそんな印象を受けました。
人がその人であるとする根拠はどこにあるのか。その答えを心とかに求めてしまっては当然心身二元論になってしまうので、ある種のオカルトになってしまいます。心と体が別々になってしまったらという仮説は面白いとは思いますが、既に現在の感覚とは乖離してしまいます。

まぁ基本オカルトネタがベースですから、それはそれでありなのかもしれません。それでもオカルトを完全否定した時に体が拒絶反応を起こすという辺りには面白さがあります。で話の方ですが仮に現象として認められたとしても、その心を連れ帰るというのが果たして可能なのかというとかなり怪しいという気がします。

眼鏡オチろいうのは途中で見えてしまいましたが、それでも結構笑えました。とりあえずマヤちゃんと文明くんがもう少し打ち解けないとどうにもならないんですが、その契機となったという点については進歩だったんじゃないでしょうか。それだけの割には大がかりでした。まぁ次回以降少し展開が変わるということを期待しましょう。

予告の似非ツンデレは笑いましたが。
最初からスケール違うだろって思ってましたが案の定でした。うにゃーくん中の人などおりません。名言です。そして、怪しいバニーの恰好をさせられるヒロインコンビ。二人の恰好の対比の見事さたるや凄まじいものがありました。これが更に舶来モノと称されるエリスろかになるとどうなっちゃうんでしょうか。大神さん並いやそれ以上に残念な胸です。

ワンちゃん達はかなり思わせぶりに出てきた割には船だけ沈めてそのままおさらばというのはちょっとあっさりし過ぎかなという気がします。犬型アシストロイドも簡単に殲滅されてしまっていたのは残念です。銀玉鉄砲を撃つ時に鳩が出てくるのに大笑いしました。メイド隊もまぁ予想どおり相手になりませんでしたが、どうせやられるのならもう少し間抜けな方法でヤレれた方が面白かったのになぁという気がします。

ラストが脱出というのもオチとしてやや弱い気がします。それからどうしたが出て終わるんじゃないかなぁと思っていたんですが、その辺りもちょっと残念です。まぁ序盤の初期設定が終わっていない状態の解決回ってことでこの辺りは仕方ないかな。ここからの展開には是非期待させて貰いましょう。
AT-Xの先行放送を見ました。テレビシリーズよりもシリアスな雰囲気にしていますがノリは概ね同じ。話数ごとにキャラを区切って別話にする構成のようなので無理が無いです。今回はエリナとレイナの話。エリナは作品を通しても好みのキャラなので楽しめました。

とは言え、当人は早々に磔にされて苛められるという状態だったんですが、回想シーンなどあってロリーな姿も見られたことだし、テレビシリーズではかなりぞんざいに扱われていた彼女にしっかりフォーカスが当たって表現されていたのはうれしかったです。

エロ方面は特に過激になったという印象は無かったです。遠慮無しというのは確かですがテレビシリーズでも遠慮していたようには見えなかったので、同様+αって感じでしょうか。まぁ露出なんてものは当然で、普段からパンツじゃないから状態というか、下着で歩いているような格好をしている連中なんで、それでどうこう言ったところで無意味でしょうね。

しかしながら面白かったという印象はあったので、是非続きも見たいです。先行放送が続いてくれればそれに越したことは無いんですが、無ければレンタルとかででもフォローしたいって感じはしました。買いますかって言われるとビミョーってところですが、好きな人なら買っても損は無い出来だと思います。
やっぱり脳筋娘が話を壊しているように思えます。逆に言えばそれ以外はそれなりに楽しめます。大人達が激弱なので先生ネタはイマイチですが、千和関連とか結構楽しめました。あの立場が徐々に逆転していく辺りはなかなか興味深かったです。ちょっと切替が出来て切り返せれば、あるいは思い切れれば立場は一変するんでしょうが、それが出来ない辺りに悲しさがありました。

クラスの生徒はあれだけ居るのだから、からませようと思えば幾らでもできるはずです。馬鹿にフォーカスするのが簡単なのは判るんですが、お手軽なだけに大味になってしまうので、最低限にして欲しいです。っていうか、既に人外の設定になっているんでそれを動かしてしまえば目茶苦茶になるのは道理です。
これから始まりですか、まぁ随分と長い前置きです。それでもまだ設定の大部分は見えていないというのが凄まじいものです。ちゃらけた感じがその部分を誤魔化していて、それなりに楽しくみれているのですが、100羽以上存在しているセキレイの内何羽が残っているのか判りませんが、普通に考えれば数十は居てもおかしくないでしょう。どうやってそこかrバトルを展開させるのかそれともさせないのか判りませんが、新展開になりそうな感じがあるのは良い事だと思います。

うーん、微妙な状態をずーっと維持してきていますが、そろそろ秤を良い方向に傾けたいですね。これを機会にしてそうなってくれればいいなと期待しています。
会話のテンポが良い感じ。ほとんどそれで見せているといっても過言ではないでしょう。原作がある程度そういう感じに出来ているのかもしれませんが、よくぞまぁここまで綺麗に流れを切らせずに話を組み立てるものです。感心します。

エロネタがメインのはずなんですが、それがアクセントに感じられる位に旨く作っています。4コマなので、キャラを立ててという感じでは無いですが、それでも楽しめるというのは話の作り方が秀逸な証でしょう。

まぁテンポの良さがある限りは見ていられるんじゃないかという気がします。変に格好付けないでシンプルにした分、一つ見所があれば持ちこたえることが可能です。そこがポイントになっているんじゃないかと思います。
しかし、引っ張りまくりますねぇ。まだ寒いって表現があるってことは春先の序盤戦って事だと思うんですが、一体どこまでやるつもりなんでしょうか。最低でもこのシーズンは終わらせないとと思うんですが、折り返し辺りで終わってしまったりしてね。何話の構成でこのペースを作って居るのか判りませんが、流石に遅いだろうという気がしてきました。

1試合1試合が重要な意味を持っているという感じはあるし。だからこそ丁寧に描いているというのはあるかもしれない。この手の話は最初の頃が一番面白いというのもあるだろう。それにしても、そろそろペースを上げないとという気がしてなりません。

チームのカラーというか、やり方というかをどう解釈するかという話になっているような気がしますが、自分達のスタイルを貫き通すのも、相手によって適切に変化するのもどちらも魅力的。基本的なスタイルを確立した上で変化も出来るというのが一番理想的なのかもしれませんが、なかなかそうは行かないんでしょうね。

この試合の行く末をどう決着させるのかはとても興味深いです。
らしく陰謀の匂いがしてきました。基本をしっかりと抑えて作ってるにも関わらず盛り上がりに欠けるように感じるのはなんでなんだろうか。キャラの関係性がどうももう一つ巧く作れていないように感じます。お互いがお互いについて良く判っていない状態で無理矢理進行させているというのがその理由なんじゃないかと思いますが、この状態で進めるのはあまり得策じゃないと思います。

欠点が無い割に良いところも感じられないので、結果として地味になってしまっています。惜しいなというのが正直な感想。もう少し何か惹き付けるものがあればと思うんですが、難しいのかもしれませんね。
うーん、話の展開がなんだっていうのか良く判らないです。なんでモンスターが来るのかも判らないのでどう受け止めて良いのかがさっぱり判らない状態です。エロ要素で逃げようとしていたのかもしれませんが、パンツ見せた程度じゃどうにもって感じがします。やっぱり話の展開なりテンポなりに魅力が無いと見る場所がありません。

結果として退屈極まる状況になってしまっています。あぁ回を重ねるごとに深みにはまっている状態ですね。何か思いきった策を取らない限りもう抜け出せないんじゃないかという気がします。このままでは凡庸未満に終わることがほぼ確定しそうです。
あーあ誤魔化しちゃった。夢とかにしなければ展開に期待出来たのにまた引っ張っちゃいました。これは相当高い確率で墓穴を掘るパターンでしょうね。大した意味も無く根幹となるような秘密を引っ張るとまず失敗すると思った方が良いと思います。

ホラーの構成としては正しいんでしょうけど、だからこそ止めて欲しいと思っていました。少しはマシかもと思いましたが、残念です。それでももう引っ張れない状態になってきていますからいよいよ次回くらいから新しい展開になるんでしょう。

そう考えると、この一回は完全に無駄な回でした。だから決定的にかったるい。で、結局あのキモいヘタレはなんなんですか?あれだけ描き込んでおいて意味無しって言われても納得出来ないですけどね。
膝裏の次はへそかいっ!まぁ確かにへそを出して居る女の子はかなりエロかったけど、それにしても奇妙でしょう。それでもまぁ先輩に比べれば十分自然だし、魅力にあふれていました。男にしても女にしても意識をし始めればそういう関係になるのは不思議なことじゃない。

しかし、このままではあまりに順調過ぎるということなんでしょうが、家庭の問題を持って来るのは作品のカラーにあまり合わないような気がします。かといってこの振りをしてしまった以上突っ込まないと中途半端になってしまうしなぁ。

まさしく行くも地獄引くも地獄という状態です。シナリオに致命的な失敗がありますね。まぁ原作がそういうものかもしれませんが、だとしたらキャストミスでしょう。
何故このタイミングでローマの休日なんだろう。しかも、ジェラートの辺りで既にオチが見えるというお粗末な展開。戦闘はあからさまにおまけという感じがしていて、どーにもなぁ。しかも、お相手がルッキーニじゃ盛り上がる展開になりようもなく、何がしたいのかがさっぱりな状態です。

閉鎖空間ではやれる事に限界が来たってことなのかもしれないけど、それにしてももう少し上手く処理出来ないものだろうか。
この作品の最大の難点は実はオオカミさんが話の中心に居ないという点。オオカミさんと仲間たちのはずなのに、その彼女が話に絡んでこられない状態であるというのが、背骨がしっかり見えてこない理由になっているんじゃないかと言う気がします。

いきなりキャラが出てきたのでそれを処理しなければならず、エピソードの面白味で話を引っ張って来ていたんですが、やはりどうしても軸が出来てこないと腰が落ち着きません。今回の話はそんな中で大分これまでとはポジションが違ってきています。それは悪い事では無いでしょう。

軸となるキャラのバックボーンをある程度きちんと描き込むことはある程度必要でしょう。亮士のキャラがもう一つ掴み切れない感じはあるんですが、元々それ程複雑なキャラ設定にはなっていないように思えますので、やはりノリで楽しむ部分大きいというのが正しい構成なんじゃないかと言う気がします。