FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
この位で収まっていれば可愛らしいという感じでしょうか。オカルトをどう捉えるのか。基本的には否定路線なんだけど、実際には肯定するしかないというスタンス? そこに奇妙な連中がドタバタを絡ませるという感じかな。行動は奇異な割にはキャラの灰汁が弱いので、どうにも薄味な印象になるんですが、それでも基本は押さえていると言う印象はあります。

破綻はしていない。けれど面白くも無いというのが現在の状況で、それはやっぱり背骨となるストーリーの軸がはっきりしていないというところにあるんじゃないでしょうか。世界を滅亡から救う鍵を探すというのが一番の目的なのは判るんですが、どうもそれに対して真面目に取り組んでいないところばかりが描かれているので、緊張感が伝わってこない。進展しているという印象を受けない。

基本的には現代モノと同等の路線だし、そこまで周囲の描写に手間をかける必要は無いと思うんだけど、時間をかけている割にはそれほど世界観が伝わってきている訳でもないし、キャラの厚みが増している訳でもない。つまり冗長なんだと思うね。工夫が欲しいところです。
スポンサーサイト



笑える。大爆笑だ。まずは何故か埼玉スーパーアリーナが会場になってるのが笑った。その後何気に黒猫なのが笑った。中のでは縞猫で荷物を送ってるのが笑った。中野で見事に全員揃って填っているのに笑った。滅多に出ませんよの台詞に笑った。マタタビで酔っ払い発情期が来ているエリスに笑った。更にアシストロイドのバリエーションの豊富さに笑った。電子戦特化型ってをい。とかとか笑いまくり。

けれど、微妙にリアルな部分と派手なアクションが楽しめるし、しかしながらその目的がなんともクダラナイのが笑える。まぁご神体という単語が使われていましたから、概ね予想はついていましたがそれでも実際にそうだと言われると凄いです。しかし、あの吹き出し看板は何とも言えない味があります。

一度で良いから綺麗なメイドさんにさらわれるっての体験したいなぁ。しかも拉致先には美少女が待っていてVIP待遇ですから文句ありません。うにゃぁぁぁぁ! つか、暴力的な手段じゃなくて平和的な解決をすれば幾らでも手があるような気がするのは気のせいなんだろうなきっと。

小さくジャンプして横飛び三回回って猫招きってのが何とも。不可能な命令をすると切腹ってのも凄まじい。文化的齟齬があるんじゃなかったんだろうか。中野は中野で怪しい恰好の人達がうろちょろしているのが凄い。この何とも言えないリアルとアンリアルのギャップの使い方が作品の魅力だし、見ていて飽きさせないような状況を作っています。

ちなみに何故か3話のレビューを書き忘れたみたいだけど、実はしっかりと3回位は見て大笑いしてました。喜久子さん最強でした。
妹は思春期 好評発売中はバカ受けしました。こういう細かいジョークが散りばめられているのは大好きです。基本的には下ネタオンリーの内容ですから、バリエーションを付けるという意味においても重要かもしれません。

今回もまた小気味良いテンポで話が進んでいきます。4コマをアニメ化する時のお手本のような作りですね。まぁ原作の内容にも依るとは思いますが、この作品においては適切と言えるでしょう。飽きずに見ていられるというだけでも立派だし、怠さを感じ無いのも素晴らしいです。

正直開始前はかなり心配したんですが、杞憂に終わりそうでなによりです。