FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
何故このタイミングでローマの休日なんだろう。しかも、ジェラートの辺りで既にオチが見えるというお粗末な展開。戦闘はあからさまにおまけという感じがしていて、どーにもなぁ。しかも、お相手がルッキーニじゃ盛り上がる展開になりようもなく、何がしたいのかがさっぱりな状態です。

閉鎖空間ではやれる事に限界が来たってことなのかもしれないけど、それにしてももう少し上手く処理出来ないものだろうか。
スポンサーサイト
この作品の最大の難点は実はオオカミさんが話の中心に居ないという点。オオカミさんと仲間たちのはずなのに、その彼女が話に絡んでこられない状態であるというのが、背骨がしっかり見えてこない理由になっているんじゃないかと言う気がします。

いきなりキャラが出てきたのでそれを処理しなければならず、エピソードの面白味で話を引っ張って来ていたんですが、やはりどうしても軸が出来てこないと腰が落ち着きません。今回の話はそんな中で大分これまでとはポジションが違ってきています。それは悪い事では無いでしょう。

軸となるキャラのバックボーンをある程度きちんと描き込むことはある程度必要でしょう。亮士のキャラがもう一つ掴み切れない感じはあるんですが、元々それ程複雑なキャラ設定にはなっていないように思えますので、やはりノリで楽しむ部分大きいというのが正しい構成なんじゃないかと言う気がします。