FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いや?正直きつくなるんじゃないかと思っていたんですが、良く粘ります。立派なモンです。ここへ来て七花に変化が出てきたということを明示できたのも大きくて、それを前提として新しい話を構成する事ができるでしょう。

とがめにしても否定姫にしてもこれまではどんな意味合いがあるのか良く判らなかったのですが、今回は大分役目を強めてきました。話を進行させてきたのは彼女達ですから無意味ということにはなりませんが、逆に言うとそれだけの存在でしか無いように思えました。

毎回毎回新鮮な味を堪能させてくれるというのは本当に驚異的です。恐らくは原作のパワーなんだと思います。西尾維新の物語構成力たるや感嘆としか言いようがありません。
スポンサーサイト



外堀から埋めて行ってるのかもしれないけれど、どうも展開が遅くてもどかしい。つかかったるい。面白い話というのは展開が速く感じるものが大抵なので、遅いとか怠いとか感じられるとそれだけで一気にモチベーションが下がります。

ってか、話もキャラの関係性もほとんど一話から変わってないような気がするんですが気のせいでしょうか。もういい加減長くやってるんだからもう少し変化というものが見えても良いと思うんですけどねぇ。
FC2テーマ:伝説の勇者の伝説 | カテゴリー:アニメ
コメント:0 | Page Top↑
ん?ちょっとベタかなぁ。恋愛ものだからベタが必ずしも悪いとは限らないんだけど、それにしてもと感じてしまうのはやっぱりキャラ描写が甘いからなんじゃないかと言う気がします。ここまでを見る限りキャラがかなり濃く色付けされているんだけど、そういう場合にはそれこそ普通以上にしっかりとした描写が無いとキャラが軽くなってしまいます。今回もそういうパターンにはまっているように感じられます。

幼なじみとか仲の良い異性が恋愛感情に目覚めるというのは鉄板なんですが、それだけにその変化点については納得のできる描写が必要になります。そうなりましたという結果を押しつけるだけでも納得できてしまう状況なだけに、雑な展開は目に付きます。

全般表現が荒いなぁというのが正直な感想。もう少し旨くやってくれないと醒めちゃいますよ。