FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
はっきり言ってリアル感はまるで薄いかなり穴だらけの設定なんですが、所々に妙な現実感があるのでつい見てしまいます。偽善など屁の突っ張りにもならない。それが現実。目の前の女の子は救えたとしても、それ以上のことは出来ない。

家族を救うためならば、藁にすがった小さい女の子の親を刺し殺すのも正当化される。所詮馬鹿族主義者なんて連中は、周囲が見えない非常に狭い範囲しか視界に入らない外道だ。この世の中で一番迷惑なのは家族連れだってのを見ればここまでの極限状態で無くてもそれが事実だということが良く判ります。

まぁその父親も扉をぶち破るとか言わなければそこまでにはならなかったかもしれませんがね。馬鹿族主義が馬鹿族主義に殺された訳ですから、いい気味です。まぁ残された子供には罪はないかもしれませんが。

っていうか、この娘何歳だよ。幼稚園児以下でも無いと、おしっこ我慢出来ないとかこの状況で言いませんよ。それに毒島さんは、なんで外に出ているのに裸エプロンなんでしょうかね。まぁ見目は麗しいので結構なことですが。
スポンサーサイト



ちょーっちネタバレし過ぎかなという気がしますが、丁寧に作って居たなと感じました。単話としてみればそれなりという感じ。当初とはオカルトの使い方が異なってきていて、マヤちゃんの心情を中心に描くのだとしたら、もう少し突っ込んだところが欲しいという気がします。結果として作品全体のカラーが曖昧になってしまっているという印象があって、それが明らかに損になっています。

親父は良い味を出していましたが、本来であれば亜美との関係をもう少しクローズアップするべきで、あるいは親父とマヤの父親をオーバーラップさせるとかもうひと工夫しないと単に可愛い親父だよねぇで終わってしまうんじゃないかと思います。

あるいは前回やっと変化した文明くんとの関係を掘り下げても良かったとは思いますね。やってはいるんだけど、遠回しすぎる印象。描きたい事がはっきりしない理由はそういうところにあるように思えます。