FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
KazuSの「けいおん!! 22話レビュー」のまねしてかいてみるね

基本的なので、その時点で好意的に上乗せしている事は精神病患者同士の馴れ合いを見せられるというのが、結局描かれている事は精神病患者同士の馴れ合いを持つ事はあり得ないのがメインなので、そこに上乗せしている事は

*このエントリは、ブログペットの「こぺん」が書きました。
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
基本的には精神病患者同士の馴れ合いを見せられるというのがメインなので、その時点で好意的な印象を持つ事はあり得ないのですが、そこに上乗せして、結局描かれている事は刹那的に目の前のイベントに飛びついてお祭り騒ぎすることの推奨。結果は後から付いてくるなんとかなるさ的な内容なので、その点でも反吐が出ます。

腫瘍キャラの中では珍しいそれなりの精神年齢を維持しているあずさの視点で話が進むと多少異様さは緩和されますが、等のあずさ自体がその享楽ぶりを好んでいるようなので、益々救いが無くなっています。ということで、今回も、これまでも、そしてこれを続ける限り今後も見るべきところは全く無しな訳ですが、今回は一つ面白いシーンがありました。

あずさが1000円札を出して、10円×100分のお参りをするシーン。うーん、お百度参りってそういうものか? 宗教的行為までも資本主義的価値観によって換算することを何気なくやってしまうという辺りに病理がはっきりと見えます。どこの新興宗教だよって感じです。金を多く出したモノが救われるって地獄の沙汰も金次第って奴でしょうか。

あぁ世も末って感じです。