FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いったれ 畑さん。来てるなぁ。もうそれだけで一盛り上がりしてしまいましたよ。実は彼女は素で面白いというのが重要。とか良いながらも今回何気に下ネタも噛ませていましたね。うーん、女子校生が空のペットボトルで用足しするシーンってちょっと想像しちゃいましたよ(笑)

しかし、緩急旨く使い分けるなぁ。感心します。一発ネタとして使っている場合もあるし、それなりの尺を使っている場合もあるし、同じオチを繰り返して畳みかけるのも原作の持ち味です。エッセンスを旨く抽出しているなぁって感じがしますね。

そして、メイドさんも登場。下ネタの下劣度も順調に上昇中。そうなっても問題なくバランスが保たれているのは、なんだかんだでキャラが成立しているってことなんでしょうね。濃いめのキャラ設定が多いですが、それ程違和感が無いってのも素晴らしいです。
スポンサーサイト



こういう展開も無いと緊張感が無くなっちゃうかもしれませんね。そういう意味では重要な回だったと思います。しかし、鈿女ちゃんは北にとってのアキレス腱であったことは事実で、それが解放されたというのは大きなことでしょうし、それによって皆人の決心も固まるでしょう。転換点としては十分な機能を果たしてくれていると思います。

まぁ近しい存在を失うというのは悲しいものですが、この状態を続けていても千穂の先は明るくないという意味でどん詰まりだったわけで、現状以上の手段が見つけられなかったという時点で負けってことなのかもしれません。

とりあえず東との決着までが2期なんでしょうか。それともまだウヤムヤを続けるのか。終わりの状態が決まってしまっているだけに、終わりを伸ばそうと思えばそこまでで寄り道する以外にありません。それが良いやら悪いやらって感じはあります。
うーん、流石に引っ張り過ぎてかったるいです。最初はそれでも我慢ギリギリを維持してきたんですが、ここ数話は限界値を越えて怠くなってしまっています。やっぱ1試合だけで何話も使うってのは無理がありますよ。3話辺りが良いところでしょうね。

フォワードの決定力というのはどのチームでも課題となる内容なんですが、そうは言っても簡単に修正できるようなものでも無いわけで、だからこそチャンスの数が大事になると思うんですが、それでも決定力の差はどこにあるのかという謎は誰しもが気になる。

その謎の一つに挑戦するというのは評価できます。何らかの回答が出せれば大いに見所になるでしょう。勝利に結びつけるには夏木の復活だけではまだ弱い気がします。そこにプラスして何を持ってこられるのか、次回の展開に期待したいです。