FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
結構綺麗に纏めたなという印象を受けました。エピソードの数にしてもそうだし、内容にしてもそう。三姉妹の誰かを突出させるのではなくて、三人の性格をうまく使った話になっていた分面白くみることが出来ました。このレベルを毎回維持してくれていれば良かったんですが、残念ながらそういうわけにはいかないということなんでしょうね。

当初それぞれに異様に極端な色づけがされていたのが鼻についたんですが、徐々にそれもとれてきました。結局キャラの全員が異常者では話が作れないということに気付いて、一部ノーマル度を上げるという手法にしたんだと思いますが、だったら最初からそうしておけばというのが残念です。

まぁ最近はギャグ系の作品も減ったことだし、それなりには頑張りを見せたかもしれないなという印象でしょうか。
スポンサーサイト



なんだか毒気が完全に抜けちゃって拍子抜けだなぁというのが正直な感想。不可思議な事象は魔術で一緒くたにされて、悪人なんか誰もいないってことになって、昔の自分と会うことで時空云々。そこまでは良いとしてなんで宇宙人が攻めてくるのかが判らないし、なんで文明がそれを撃退できるのかも判らない。更に言うとマヤと文明の関係がいつの間にか変化したというのが理解不能。何話か前からそういう振りはあったものの正直唐突というか理解不能。

タイムパラドックスものは因果関係がひっくり返るというのはよくあるネタなんだけど、人間の記憶がどうなっているのかが判らない。マヤの親父は変化前の記憶を確実に持っている。じゃあ同様の人間だって大勢いるはず。マヤはどうなの?って辺りが判らない。平和な時代を生きた親父はどこに消滅してしまったの?結局ね、そういうハードSFモドキにするだけの素養は無かったと思うわけですよ。これなら素直にオカルトにしていた方がまだ収集がついたような気がします。

途中人情モノに流れ始めた辺りから怪しくなってきたなぁとは思っていたんですが、完全に路線と描き方を間違えているような気がしますね。こういう結末に持って行こうとするなら最初からそういう構成にするべきでした。うーん、残念ですって感じですね。