FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
KazuSの「アマガミSS 14話レビュー」のまねしてかいてみるね

しかし、普通あそこまで幻滅されたら終わるだろうという感じなので、微妙なんでしょうという感じなので、変態

*このエントリは、ブログペットの「こぺん」が書きました。
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
しかし、微妙なキャラが多いなぁ。つか、普通あそこまで幻滅されたら終わるだろうという感じなんですが、変態が好まれる世界観のようなので、アリなんでしょうね。まぁ変態さんは裏を返せばそれだけ親しみやすいということなのかもしれません。しかし、女の子も達も相当変な感覚の持ち主ですからバランスは取れているのかもしれません。

しかし、ゲームの中ならともかく、ストーリーとして見せられると異様な感じはどうしても拭えないです。恋に恋するお年頃ですから何でもありと言ってしまえばそれまでですが、それを認めた瞬間に恋愛モノなんか成立しませんからねぇ。

なんとも微妙なところです、
純粋に面白いです。アバンの時点ではどんな話なんだろうかと思いましたが、まずその後のオープニングが非常に気に入りました。思わず何回も繰り返して見てしまいましたよ。これまでの新房カラーとは違うなぁと思ったら、オープニングは梅津さんでしたねぇ。梅津カラーの動きが随所にありましたし、カット割りもそんな感じがしました。オープニングの直後のけいおんのCMを見ると哀れみを感じてしまう程の差でした。

で、本編の見せ方はやっぱり新房監督らしさが出ていました。なんと言っても、テンポの素晴らしさが凄い。そもそもゆっくりとしたノリの作品なんですが、それを飽きさせずに魅せきる技はもう神業としか言いようがありません。

キャラは僅かな人数しか動かしていないのに、そんな中で先生は最高のキャラでした。無論、上賀茂もといP子もとい歩鳥ちゃんもいい味だしていました。負けずにミナ姫もノリノリでした。全体として笑いまくりましたよ。1話にして素晴らしい出来です。かなりツボに入りましたよ。

そこへもってきてエンディングも良いです。いや、隅々まで高いクオリティを感じさせてくれました。これは期待できそうです。