FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
分かり易いところに戻りましたねぇ。戻されたら判らないと思いましたが、ここからならインパクトがあったので追いやすいです。女の子の強さと弱さを強調しているシナリオで、個人的にはそういうの好きだったりするなぁ。

悠くんとやらが出来すぎという感じがちょっとしますが、まぁ理想的な男性像を演出する為にはそういうのも必要かもしれません。何れにしてもこの手の話は女性を如何に魅力的に魅せるかが重要です。今のところ二人目で、特に今回は天然系ではありますが、それでも可愛らしいし女性としてリアルな反応を示してくれるので見ていてドキドキします。

彼女の境遇と舞を掛け合わせた演出もなかなか見事。舞の無機質な感じと彼女の涙は印象的でしたね。前回まで見た感じだと単なるエロものかなと思いましたけど、これは悪くないかもしれない。改めて見ると狼と香辛料のスタッフみたいですね。じゃあキャラ表現はお手の物かもしれません。

ラストのショートも相変わらずかっ飛んでるし、無闇にエロいし、エンディングも面白くてナイスです。これ何人攻略するんだろうなぁ。なんか見てると久しぶりにこのエロゲーやりたくなってきましたよ。でも絵柄はアニメ版の方が可愛いな。
スポンサーサイト



やっぱり美人の妹よりは可愛い幼なじみってことなんでしょうか、いやそう思わせるに十分な何とも言えない居心地の良さが伝わってきました。なんだか面白く無い妹も可愛かったですけどね。それにしても、史上最強とも思える程の幼なじみですねぇ。

昔ながらの家庭という感じが残っているのも魅力的で、もし、結婚というものが家と家の関係で構築されるものだとするなら、そこも含めて魅力的な一家です。何が無くともとりあえず平和という感じでそういうのが魅力的だと言うんだからまさしく理想的です。

ヲタ関連の話とは全くことなる別世界の話として非常に魅力的に映りました。倉田脚本効いてるなぁという感じがしましたね。とても雰囲気の良い回でした。
とあるシリーズのキーワードは傲り。それは真理ではありますが、毎度毎度そればかりとなるとちょっと食傷してきます。状況の作り方がかなりシビアなのでそうでもしないと解決できない状態になっています。ピンチからの逆転劇は確かに面白いものですが、そのポイントがこれだけいつも同じとなるとちょっと芸がなさ過ぎるんじゃないのという気がします。

実際問題として、当麻の能力が驚異的なものだったとしても、それだけで切り抜けられる状況なんてのは限られています。発動条件がシビアなので、どうとでも対応できるでしょう。それがされないというところがあまりに作為的です。

カッコ付けとか強引な展開とかを無くせばもう少し面白く見られるのになぁという気がします。
そうねぇ、体育祭とかってのは黙っていてもそれなりの数の競技やらイベントやらがてんこ盛りなのでそれを描いているだけでも結構な量になります。まぁ仲良し系なものも多く存在しますからこの手の作品的には美味しいかもしれません。

しかし、作品としてのカラーというか何を描きたいのかという部分については未だに見えてきません。女の子達を一杯登場させればそれで良いのかもしれません。当初思っていたよりも小綺麗に纏まっていますが、特色も無いので終わると即座に忘れられるってパターンかもしれません。