FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
面白かったですよ。キャラの感情が良く出ていて話としてはありきたりではありましたが、その分シンプルさの良さの方が出ていたように感じました。その前提での話ですが、気になるところが二つばかり。

一つは折角誘拐までして罠を張って待ち伏せていたという割には策がチープでした。ざくろ達がほとんど外に出てこないという理由があったにせよ、大がかりな割に引き際もあっさり。拍子抜けという感じはしました。本気でざくろを何とかしたいなら、最初から喜久子さんで行けばいい。チャンスには全力をもってするというのは当然なんじゃないの? という気はましました。

もう一つ。これは更に致命的なんですが、妖人省っていったい何の組織なんだかさっぱり判らなくなってます。毎回遊んでいるだけのように見えてしまいます。妖人による事件の解決を目的とした組織を作るくらいなんだから、相応に事件は起こるべきだし、それを解決するべきでしょう。最初の何回か以降仕事をしている風が一切無いというのは問題かと。

その分キャラ描写は良い感じになっていますが、単なる恋物語ならともかく、そうでないのならもう少し世界観に現実味を持たせるべきでしょう。あの独特の歌もすっかり聞けなくなってしまったし、ざくろ以外のキャラの存在意義についてももっと明確にしてあげるべきだと思います。

今のところは下地だというなら、それでも許せる範囲に収まっては居ますが、とはいえもう8話ですから、そろそろそういう部分もしっかりとしていかないと間に合わなくなりそうです。良いところも十分に多い出来になっているので、最後でがっかりってことにならないよう作って欲しいです。
スポンサーサイト