FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんだか判り辛いですねぇ。当麻の能力は相変わらず便利屋状態です。よく考えてみるとあれだけ高速なもの例えば御坂の電撃を毎度正確に手に当てるなんてのはまず不可能です。そういう 部分があるだけでもうドン引き状態なんですが、そこへ持ってきて魔術という何でもアリな状態を持ってきて次々と新しい設定を出してきていますから話自体は全く意味を持ちません。

じゃあキャラとして魅力かというと当麻があの状態なので彼メインの話を持ってこられると面白さが激減します。前回までの黒子回とかはそれなりに見られるんですが、今回はやっぱりキツい。っていうか主役が駄目だと作品も厳しいという典型的な例になってます。
スポンサーサイト
うーん前回散々悩んだあれは一体何なんだと言うくらいにあっさりと片付けられてしまいました。それで良いのかよって感じがします。そしてヴァンパイアものとして特殊な設定にしているために今後どうなるのかも判りません。それは同時にどうにでも出来るとい事も意味します。

ヴァンパイアバンドが非常に良くできていたためにどうしても比較してしまうことになります。そうなると出来のチープさが非常に目に付きます。設定もそうですが、何よりもアニメーションとしての出来がチープです。作画はそれなりではありますが、演技というか絵そのものがイマイチで結果感情の表現に甘さを感じます。

話としては面白くなってきたという感じはしますが、それは最初の頃のエピソードは一体何だったんだろうという印象を残すことにもなっています。どうにもこうにもチャチな感じが否めません。こればっかりはどうにもならないだろうなぁという気がします。