FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
まぁまぁなんじゃないでしょうか。極端なネタが無い方がやっぱり面白い。両親ネタはちょっとという感じでしたが、ともかく脳筋が出てこなければそこそこに収まります。微妙な勘違いを使ったネタはお得意というか、それがメインなんでバリエーションが無いのは仕方ないですが、お約束と考えればまぁなんとか。

大人が馬鹿ばっかりなのが鼻に付くので、それも控えて欲しいところ。そういう部分を削っていけばそれなりに収まります。そういう意味では素性は悪くないのかもしれません。余計な味付けが素材をぶち壊しているという感じでしょうか。

ドタバタなんで、ある程度は必要なんでしょうが、度を超えると逆効果になってしまいます。そうならないようなバランスを保って欲しいです。
スポンサーサイト



なんともスタイリッシュな映像です。特定の決めシーンだけじゃなく、ごく普通のシーンでも恰好良く描かれています。質の高さというか作品を作る時の気構えが素晴らしいと感じます。で、映像だけ凝っていれば良いのかというとそんな事は当然無くて、その演出が必然性を感じられなければ意味がありません。その面見てもしっかりと中身が作られているので、トータルとしての高い質を維持しています。

魔法少女は正義の味方とされています。けれど、形式上の正義の味方は所謂一般論としての正義の為に動いているとは限らない。ましてや、正義以外の目的で動いているとなれば益々です。例えば現実での正義の味方というと警察とか思い浮かびますが、奴等は正義の為に動いている訳ではなくて為政者の権力の為に動いているだけで、正義なんて全く関係ありません。時折現場では勘違いしている馬鹿野郎も居るみたいですが。

そういう勘違いを今回さやかちゃんもしている。まぁこちらはフィクションなので補正されるかもしれませんが、そこに齟齬があるというのは当然の結果です。そこにスポットを当てたというのは面白いですね。そして当てた以上どういう決着を付けるのかも楽しみです。

やっぱりまどかは圧倒的なクオリティです。今期ではまどかとそれ以外と言っても過言じゃないですね。これ合わない人も居るんじゃないかなぁ。そういうある種の嫌悪感を刺激する作りになっています。個人的には逆にそれ位じゃないと面白くないですけどね。正義を単純に信じているような間抜けの神経を逆なでする内容なんじゃないでしょうか。