FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もの凄く勿体振ってます。レイチェルの表現に一番時間を割いているんですが、彼女が典型的で判りやすいのかもしれません。ラストの車でのシーンが象徴的で、すなわち視野が変ると価値観が変化するという事なんだと思います。彼女達は、追い込まれた状態になって初めて自分が何者なのか、自分の周りの世界はなんなのかという問いかけをしたんでしょう。そこらの女子高生が考えることはまずないので、友人達と考えが合うことはあり得ないでしょう。

ケイトとクレアの反応がまた面白くて、4人それぞれのキャラクターを上手く生かして表現のバリエーションをつけています。クレアに関してはともかく、ケイトがこの話のキモなのは確かで、一見冷静を装っていて大きな変化が無いように見えるところが曲者なんだと思います。

このまま彼女達の心情表現に終始するという手もなくはないと思うのですが、できればもう一捻り欲しいところです。彼女達それぞれが出す結論と、それに伴う結果というのが当面の見所なんですが、それでどうしたの部分があるかないかで物語の深みが変るんじゃないかなという感じがします。

このペースですから、13話なのか26話なのかによってもかなり違うんですが、13話だとすると、もう少しペースアップしとかないと厳しい。26話でも、もう少し伏線が欲しいところです。最初はどうかな? って感じがあったんですが、良い感じに舞台設定は出来てきたって感じはしてきました。是非期待に応えていただきたいです。やっぱ物語はまずキャラを描いてナンボだな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1226-04122d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック