FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
しかし、次々と人を殺す作品です。また今回も一人旅立たれていきました。全体としては、良いテンポで話は進んでいるようには思えます。ただ、今回に関しては、恐らくあのラストで締めようと最初から決めていた臭く、前半が冗長に感じられました。虐めネタをここで繰り返す必要性は特にないでしょ。つか、前回あれだけ騒いだペンダントの話はどうなった? って感じがします。

セーラとエミリィを特別と位置付けることは、諸刃の剣になります。話の整合性を取るためにはとても有用で、某のように主役メカが居るかどうかで勝敗が決定するのに、その根拠がさっぱりだったり、絶対的不利な立場だったはずなのに、不条理にも主役が勝っているなどという状態に一応の説明が付けやすくなります。次回あたりはまさにそういうことになるでしょう。

それと同時に、セーラ以外のキャラの存在意義が薄くなるという効果も出てしまいます。結局彼女達の特別度次第で、ゆかな娘をはじめ他のキャラが戦局や、物語に関与する余地が決定してしまうからです。この辺りが戦争物の難しいところでもあります。

結局最終的にはバランス勝負って事になるんだと思いますが、ひょっとするとこの作品の場合、話を進めるごとにそれまでのキャラ皆殺ししてリセットってパターンもあるのかもしれないな。それはそれで凄いことかもしれないですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1289-2ddf99ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
博士「いきなり亜光速訓練だったよ!」 助手「噂通り1クールなんですかね?」
2006/11/12(日) 23:04:39 | 電撃JAP