FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ここまでの話の構成は綺麗だと思います。雪緒とロックの対比が見事で、ある種の通訳になっています。世の中には、いくつもの断絶があり、浅いものも深いものもあるけれど、結局飛び越えることは出来ないという結論になりそうです。

その場合、ロックの立場というのが微妙であるのが浮かびます。このギャップをどう回収するのかというのが、メインの流れでもあるんでしょうが、それについての結論は今回も出されずという方向なんでしょう。

ま、任侠映画などもそうだし、物語なんてものは、多かれ少なかれそういう傾向があるんですが、中に入り込んで描いてしまうので、客観性が犠牲になるという部分があります。この作品に関してもかなり典型的で、ロアナプラとの対比物を日本に置くという形で、刺激を与えています。

う?ん、相変わらず短編としては悪くない出来なんですが…。13話あるいは26話として見るとなぁというのと、相変わらず、主役組が目立たないというのが、もう個性なのかもしれませんね。
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1405-92fe531b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック