FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もはやマス広告は負け組のための手段になりつつあるのかもしれない

単に認知の方法が多少変わったに過ぎない気がします。ここに書かれていることを全て認めたとしても、

あらためてインターネットは、良い製品が当たり前に話題になって、当たり前に売れるという、ごく当然の世界に私たちを連れ戻そうとしているだけのような気もしてきます。


という結論は飛躍があるでしょう。「良い」とは何か? 今話題になっている製品が「良い」という前提はどこで成り立つのか? 過去話題になった製品が「良くない」という根拠はなんなのか? その辺りがさっぱり判りません。

情報の流通経路が増えたというのは確かですが、今のInternetの情報の流れを考えると、マス広告的な流れによって成立している部分も過分にあるのではないか? 単に媒体が変わっただけなんじゃないのか? という気もします。何をもってクチコミなのか、何をもって新しいのか、という部分すらはっきりしていません。

詰まるところ、「良い」とか「クチコミ」の定義次第で是にも非にもなってしまう内容なんじゃないだろうかという気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1422-3442eaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック