FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「あの男性には、わたしの後輩を紹介したくない。」

その男性とやらの言動が噛み合っていないというのが、違和感の最大の原因だと思われます。確かに価値感の共有は重要なことだと僕も思います。できればその点では妥協したくないでしょう。ですが、他人同士のことですから、全く同じ価値観という確率は非常に稀なことだし、ましてや自分の価値感が少数派であるならなおさらです。それでも、「価値感の合わない人は御免だ」というのは自由です。ですが、当然それをシビアにすればするほど可能性的には0に近づいていきます。

そこを割り切って、最悪一生女に縁無しでも構わないと達観しているなら、それでも構わないのですが、ナーバスになったり第三者に協力を仰いだりするのであれば、やはり妥協が必要になるってことなんでしょう。自分の価値感そのものを変化させるか、妥協線を変更するかのどちらかが必要になると思います。

相手に合わせることは一切しない。でも結果は欲しい。って言われてもねぇってなるのは当然のことでしょうね。彼がポリシーを持っているのと同様に女性の側にもポリシーってものはあるわけですから。相手に対する要求がどうとか、ダブルスタンダードがどうとかって難しい話じゃなくて、希望に見合った努力が足りないって単純な話なんじゃないのかなって気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1433-3ce3893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック