FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
この話ってどうしても、薄っぺらさを感じるんですよねぇ。陳腐な感じが一向に無くなりません。スザクとルルーシュの会話が最悪でしたが、カレンの話は輪をかけて酷くてこっちが悲しくなるくらいでした。どれもこれも全部私怨の固まりで出来ていて、別にそれはそれで悪いこととは言わないですけど、それで社会を変えるという方向に持って行かれてもちょっと違うだろって気になります。

物語というのはキャラクターを通じて語られていくので、ある程度そういう要素が入るのは仕方ないところ。それを見ている側に感じさせないようにする手だてが取られているのが普通なんですが、この作品にはそういうものがほとんど感じられない。剥き出しの直球勝負で、しかも棒玉のど真ん中ストレートって感じ。だから世界観からキャラクター描写まで全部がチャチに見えます。

ここまでコレで来てしまったってことは、きっとこういう作風なんだろうな。残念ですが。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1495-fe38446b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック