FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
NHKスペシャル「ワーキングプアII 努力すれば抜け出せますか」の感想

ぶっちゃけ努力すればなんでもアリなんてはずがあるわけない。それは、何か勘違いしています。致命的な失敗ってのはあるわけで、その後で努力してますと幾ら言ったところであまり意味があるとは思えない。挙がっている例を見てみましょうか。

高卒の正社員だった鈴木さんは結婚して退職。出産後、離婚し、すぐ仕事を探すが、正社員の道はない。


はい、この時点で終わってます。31歳で12歳の子供が居るってことは、10代で妊娠、結婚、離婚のパターン。で、養育関係の話し合いも無しで、親の援助も無しで、餓鬼二人を引き連れてやっていけると思ったのが致命的。どこに同情する余地があるんでしょうか?

切なくなるのは、丘さんがスキルアップしようと、半年かけて調理師免許の資格をとったが、あがった時給はたったの10円だったことだ。


スキルアップは結構だけど、何の資格を取ったら、どの程度収入に返るのかは事前に確認するのが当然。会社によって規定が違うのは当たり前。確認したときには500円上がるという話だったのに、実際には10円だったというなら、話は判るけれど、それは問題が別。そうでないなら、同情の余地無し。調理師免許があるのだったら、その免許を高く評価してくれるところに転職すればよい。23歳ならまだイケルでしょ。努力の方向が間違っていたら、幾ら頑張っていても何の意味もありません。「田舎では女性の雇用先すらなく」というなら、都市部に越してくれば良い。土地に執着しておいて、何が努力か。

素材ごとに対応を変え、「ていねいな仕事が自慢」だとナレーションが入る。しかし、中国人労働力を使う企業に次々仕事を奪われ、1着100円だった仕事は50円に切り下げられた


価格勝負になるものを生産する道を選択した経営に問題がある。事業者である以上何を作りどのような舵取りをするのかは、当人の責任に任されているはず。それを見誤ったのだから倒産しようが仕方がないこと。同情の余地が無い。これに同情していたら、全ての倒産企業に対して保護しなければならなくなってしまいます。そんなことあり得ません。

8人兄弟を養わないといけなかったので、年金保険料を思うように払えなかった。規定まであと5年足りずに無年金になったのだ


兄弟の年齢差が不明なので、確実なことは言えないけれど、80歳になるまで兄弟の面倒を見ていたとは思えない。見ていたとしたら、望んでヒッキーを飼っていた訳で同情の余地は全く無い。下の兄弟達が、ある程度の年齢になったのなら、彼らにも仕事をさせて貯蓄がきちんと出来る体制を取るべきだった。また現在でも彼らに支援を求めればいい。それが出来ないのは何故か? 貧困を兄弟の責任というなら、それを解決するのはまず兄弟達に求めるべきだろう。更に言うと葬式代に関しても、個人的には必要ないという行政の判断は妥当だと思っている。それすらない人間が保護を受けているという現実を考えれば、葬式に絶対的な必要性を僕は感じない。

他の事例は情報が足りないので言及しないけれど、ワーキングプアの問題という割には、事例の質が悪いと感じる。少なくともこの記事を読んだレベルではまるで説得力を感じない。ここに挙がっているような例を保護するために、増税と言われても、絶対にお断りです。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と憲法上はなっているが、あくまで権利を有するのであって、保証されているわけではない。そこの部分を忘れてもらっては困りますし、それが資本主義の原則ってやつでしょう。

現行の制度に問題が無いとは言いません。でも、それを指摘するなら、もっと納得の出来る事例と代案を出していただかないとどうにもならない気がします。ちなみに、全体として家族関係の問題がやはり大きいと言うことに気付きます。やはり家族制度には矛盾した点がありまくる問題制度で、社会保障の見直し以前に、家族制度を見直すべきでしょうね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1565-633d8214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック