FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
予想通りのラスト。というか、もうこれ以外に終わり方は無いなって感じのラストでした。ボーリング場でロックの提案を拒絶した段階で、もう死亡フラグは確定、銀さんを巻き込んでってのも、まぁ想定内だったんですが、やり方としては良い感じではありました。

ロックに対する影響という点や、ラストの写真の出し方も含めて、演出面では合格が出せる出来だったと思います。少なくとも第一シリーズよりは好きかな。双子回のインパクトが強かったですね。でも、やっぱりシリーズの主役は双子であり、雪緒ちゃんでありというゲストキャラにあるわけで、ロックもレヴィも脇役の位置になってしまっています。これが、作品が自立しない一番の要因になっているのではないでしょうか。

闇は救われないってのが徹底されているのがらしいといえばその通りなんですが、それはそれでだからなんなんだよ。って部分もあります。そういう世界もあるよというノンフィクションなのか、そういうのがあると良いよねというフィクションなのか、それが格好良いよというヤクザモノなのか、それじゃ駄目だという啓蒙なのか。その辺りの作品としての立ち位置がはっきりしないのが、どうもこの作品に踏み込めない理由なのかなと感じています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1576-07af334e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 香砂会との会談は進み、バラライカと軍曹、そしてロックが香砂会の本宅で香砂会組長との会談が行われていた。
2006/12/26(火) 18:12:25 | 移り気な実況民の日々