FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
働かない人間の理屈

このコラムを読んで真っ先に思ったのは、あぁここで書かれている典型が主婦って奴だな。ってこと。なのに、何故か主婦は十分な権利が法律で保証されていて、夫婦の賃金の半分は主婦のものということになっています。なら、少なくともぐうたら亭主にだって、夫婦の賃金の半分を得る権利があるはず。それが嫌なら離婚すればいい。

結局、与える側が居るから受け取る側が存在できるわけです。主婦もぐうたら亭主もニートも皆然り。そして、それぞれ与えたい、与えられたいと思っているからそういう関係が継続出来ている訳です。これは需要と供給がマッチしているわけだから当人達にとっては幸せなことなんじゃないんでしょうか。もちろん、ニート君の親の経済力が低下した時に、もし彼らが飢え死にしたとしてもそんなものは自業自得なので、全く同情の余地はありませんが、そういうことを覚悟の上でそれでも俺は今をハッピーに生きるという決断をするならそれでもアリだと思います。

それで困る理由は何か? 幾つか想定できますけど、一つは税収が減り、下手すると福祉費用がかさむという点。まず福祉の対象からは外せば良いことだし、税収は減るかもしれないけど人間生きている以上は消費を止めることは出来ないわけで、その金が誰の財布から出ているのかはあまり問題にならない。まぁその分人口が減ったと思っていれば特段気になることもないでしょう。

次に常識観念的な問題。これは単なる観念の問題だから、実際には問題にはならない。つか、実際にこの観点でコラムは書かれているように感じられるけれど、何が当人にとっての常識か、幸せかは他人が口出しできるようなものじゃない。僕だって一生確実に養ってくれる人がいるなら喜んでヒッキーでもニートでもやりますよ。

後は、犯罪者予備軍が増えるという点。これは無視できない。金は無い、仕事も無い、親も居ないと言う状態になったヒッキー達が、短絡的に犯罪に走る可能性は少なくないという発想。確かにその通りのように思えるけど、実際はどうなのかはもう少し様子を見ないと何とも言えない気がします。そして、別にヒッキーに限らず防犯は強化が必要だろうという考え方も成立しないでもない。

結局、そんな奴等に構ったところで仕方がないというのが結論になる気がします。彼らにいっぱしの権利を保証しようとするから不公平感が出るだけで、責任を全うしない奴からは権利を剥奪するという常識的な手法に乗っ取りさえすれば別にどう生きても当人の自由としか言いようがない気がします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1634-ff3163f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック