FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
Windows Updateの副作用?

もし、オープンソースにしたら、結局WindowsもLinuxと同等なレベルに落ちるわけです。じゃあ、LinuxはWindowsよりも優秀なOSと言えるのでしょうか? ある一面では、確かにそういう部分もあるかもしれませんが、個人的には一部例外を除けばほぼ全面的にWindowsの方が勝っていると思っています。

じゃあ、肝心のサポート面はどうでしょうか。WindowsよりLinuxの方が良いでしょうか? また逆のパターンを辿ったMAC OS XはBSDよりサポート面が劣っているのでしょうか? そうとは思えません。完璧にはまだまだ遠いかもしれませんが、現状ではソフトウェアメーカーの中でもMicrosoftのサポートはかなりレベルの高いものを提供してくれていると思っています。このレベルをオープンソースで維持することは難しいでしょう。

アップデート時の設定書き換えの問題にしても、オープンソースだったら対応可能なんでしょうか? ソースを書き換えてしまうということですか? それなら確かに設定が書き換えられることは無いと思いますが、他のトラブルを招く可能性も否定できません。なによりもそこまでやろうというユーザーは極一部でしょう。ニッチな需要よりより多数の為にサポートは行われる。資本主義ですから、それも当然のことでしょう。

オープンソースは諸刃の剣です。メリットばかりでなく、デメリットも考えていかないと、とんでもない目にあうことになるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1647-1d5342c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック