FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
早期退職金割り増し認めず 解散の農協職員に最高裁

えっとそもそもなんで、一、二審は「農協が裁量権を行使して適用を認めなかったのは、制度の趣旨・目的に沿った合理的なものとはいえない」としたのかが理解不能です。

あくまでも企業内の制度であり法律や条例などでは無いのだから、趣旨の定義は企業側が出来ることのように思えるんですが、それは僕の勘違いですか? それを赤の他人の裁判官ごときが口出しすることが可能なんでしょうか? なにかとてつもない勘違いをしているように思えてなりません。

更には、趣旨・目的に沿わなかったら、申請を却下してはいけない理由もまた不明。趣旨とは別に申請を受理するかどうかの判断を入れてはいけない理由がまた良く判らない。例えば仮にこの制度に全社員が申請を出したら、全員を辞めさせなければならないってこと? そんなことは出来ないと企業側が主張することも出来ないってこと?

さっぱり判らない。最高裁では覆ったから、結果としては修正されたわけだけど、1,2審の精度があまりにも低いと裁判の長期化に繋がる。それは健全じゃない。もう少し微妙な問題になる要素を何か見落としているんでしょうか。そうでもなければちょっと酷い話のように感じます。
スポンサーサイト



FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1669-a3f2c847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック