FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
予想通りのスローテンポで話は進みます。でも、まぁなんとかセーフの線かな。この調子だとやっぱり4話か5話は引っ張りそうです。

貴族の罪は、彼らが贅沢をしているからでも、特権を持っているからでもないです。貴族が「族」であるところに罪がある。つまり、その権限を家督によって引き継いでいるという点に集約されます。

つまり、アリスの爺さんは、その特権に相応しい功績をたてた。また、ひょっとしたら、アリスはその権限に相応しい人格の持ち主かもしれない。それは、爺さんのまた、アリスの個人の能力に帰属するものであって、彼らの血縁には全く無関係なこと。にも関わらず、一族全てがその特権の傘の下に守られる。これこそが罪な訳です。なので、破壊するべきは貴族制度ではなくて、相続という制度な訳です。貧乏人の子供も貧乏人というのも、相続という制度の罪です。これは、2000年以上昔から現在にいたるまで、連綿と続けられた人間の文化の中で最低最悪の制度だと断言できます。相続という制度が続けられている以上、それが社会主義であろうが、民主主義であろうが、所詮似非でしかありません。

と結論は完全に出ているので、この手の単純に選民思想は悪というテーマを持ってこられると、非常にシラケます。しかしまぁ、パンシザの場合、その解決方法と過程がなかなかアリスらしいので、嫌いじゃないです。恐らく今シリーズ最大のクライマックスに向けて突進。ってことになると思うので、是非期待して見ていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1803-ad0da414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック