FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
基本的にはフロエ話。って思ってたけど、結構そうでもない。

最初のシーン。すっかり大部屋にも馴染んでます。何気にロードレアモンとマミーナの復習を入れるところが良い感じですね。ロードレのショートカットは可愛いです。軽くなって良い感じ。それを見つめるリモネがちょっと印象的。リモネの役割って思ってる以上に大きいのかもしれないですね。モリナスはシムーンオタクぶりも発揮。

宮国の兵士登場。うーん、普通の兵士も居たんですね(笑) まぁそりゃそうか。パライエッタとユンとネヴィリル、3人の対応の違いが上手いです。特にユンのポジションというのが良く表現できてます。マミーナとユンの会話でもユンの立場の表現が強化されてます。で、ドミ姐さんの作戦発動なんだけど、注目を浴びている作戦が簡単に失敗。これは後々問題になるかも…。それにしても、敵はいつもそうとうあざといですね。スパイでも居るんでしょうか?

シムーンで輸送と効いてネヴィリル的には相当屈辱って感じです。それでも、作戦は実行するってところが、ネヴィリルの心理が揺れている部分という気がします。ただ、ここしばらくはネヴィリルの表現をかなり絞ってます。でも、もっと絞られているのはアーエル。後半はアーエルラッシュなんだろうけど、もう少し描いてあげても良いと思うんだけどな。

で、フロエ話。女の子モード発動。挙げ句には「シヴュラ辞める」と来ました(笑) そりゃパラ様的には頭痛がするでしょう(爆) 単にラブラブ話なのかと思いきやマスティフの台詞には、ネヴィリルとは同じだけど違う視点での葛藤が入ってます。その辺の演出はにくいですね。勿論、フロエとの関係も最後にはねじれて終わります。それぞれが戦う意味とは?って上手く出てます。「シムーンは悪魔だ」って台詞は1話に回帰。隊長のシムーンやシヴュラに対する意識も含めて、現実とシヴュラの接点が徐々に出始めました。さすがきちんと話数を考えて押さえるところを押さえてます。シリーズ構成が秀逸です。しかし、キスをためらうフロエは可愛かったですね(笑) アイキャッチのフロエとモリナスもキテます。

街までの僅かな移動時間。大体この手のシーンでは会話が入りますが、実に良く彼女達の現状を表してますね。モリナスとロードレアモンの会話と、ドミ姐さんとリモネの会話が特に興味深いです。「ふ?ん」って言われちゃうとさすがに可哀想な気がしてきました。

アルティはフロエにご立腹。カイムは撃てない。で、次回に繋がるって話なんですかね? やはりキャラを描く方向に行ってますが、もう一段階か二段階深いところまで描き込む様に思えます。そのタイミングをどこでとるのかも楽しみです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/181-c26e5a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック