FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もうあそこまで行ってしまうと、捻りもなにも出来る状態ではないので、素直に軟着陸って感じです。最終回としては比較的綺麗に纏まっていた方じゃないでしょうか。しかし、兄貴に関しては、ラスト直前まで暴走しっぱなしで、もう目的と手段がひっくり返る程酷い有様。病気に関しても、女王様とのシーンを見せるためだけにあったような設定って感じがして、その辺りはちょっとなぁという感じでした。

結局、兄貴の驚異は去ったものの、根本的な解決ってのは先送りって気がします。つまり、エミリーがこれからどうなるのかという部分は、意志は引き継ぎますで終了しちゃってます。確かにここまでなら、暴走兄貴殲滅が正義って式が単純に成立し易いので、話としては持って行きやすいというのがあるでしょう。そこで納めただけに、スッキリと終わっています。

全体としてはチープな印象が否定できないですが、まぁそこそこの出来という感じがします。やはり苛めモードの部分が余計で、その辺りを兄貴ネタか女王様ネタ、あるいはエミリーのネタに割り振ればもう少し全体が締まったような気がします。この展開なら、セーラをそこまで不幸な少女にする必要性は特に無かった気がします。まぁ俯瞰で見れば結構シンプルな話なんで、捻ろうとしたのかもしれません。さもなければ、謎を引っ張りたくて欲をかいたのかもしれませんね。

もう少しで佳作ってところでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1820-a63bfa72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
博士「ラスト・ワルツは私に。゚・つД`)・゚・。」助手「良い最終回でしたね」
2007/02/15(木) 23:52:55 | 電撃JAP