FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
知的障碍者の違法行為は許されているか

第一印象はもの凄く嫌みな記事だというもの。そして、これだから法律と法律屋と役人は使い物にならねーんだよ。ってのが確認できました。これってまさに法律屋や役人の発想。元記事の女性の主張は完全に正しいとは言えないまでも、問題があるという生の声であることは事実。それに対して、法律上はちゃんとしてますよ。制度はちゃんとありますよ。論旨が曖昧で反論も出来ないレベルだから出直しておいで。的に対応してるという気がする。被害者はどっちだと言えば彼女だし、そのご大層な法律や制度が不完全あるいは十全に機能していないから、被害者が出ているということは明白なことだ。

人権てのはヒト精子とヒト卵子が結合したのちヒト雌のマンコから出てきた生き物には漏れなく付与されることになってるんでありまして、そしてそうやって出てきた生命体は基本的人権のセットを貰うわけです。


と安易に断言するのもどうかと思う。まぁ確かに法律上はそうなっているのかも知れないね(笑) けれど、同じ法律がその漏れなく付くはずの人権を踏みにじっている例もしばしば見られる。それの善し悪しは別にしてね。で、本当に漏れなく無条件なのかという部分に対して、なんの疑問も持たないってのが、既に毒されているような気がする。僕に言わせれば全ての権利は何らかの責任とセットになっているのが当然だと思えます。よって人間としての責任を果たせない人間は人権を剥奪するべきだと思っています。ま、じゃあ人間としての責任って何よってのがまた議論にはなるんだけど、人権は無条件付与ってのが前提になっているんじゃ話にもならない。それは、事実関係が判らないからなんてレベルじゃなくて、もう決定的に話にならない。

で、理念上の話なのに、やれコストだやれ基準が曖昧だって持ち出すのもちょっと下品な気がします。彼女が言いたいのは、そういう事じゃないだろうと思います。イデオロギーの話なんじゃないですかね。それを、こういうやり方で丸め込むってのは、良いやり方だとは思えないですね。まぁひょっとするとエリートさんなのかもしれないね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1835-b657aa69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック