FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
自殺サイト殺人で死刑求刑「犯罪史上例ない残酷さ」

これが犯罪だということは判るんですけど…
自殺サイトに自らアクセスして、一緒に自殺しようと言われてノコノコ出て行った自分の餓鬼の行動を棚に上げて、

「極刑に処してほしい」と言われても正直どん引きです。また馬鹿親登場って感じですか。

もし、この男が殺人犯じゃなくて、本当の自殺志願者で一緒に自殺しようと思ったんだけど、彼だけ死ねなかったのだとしたら、どうなんでしょうね。被害者が死んだ直接的な原因は犯人であるけれども、一番の責任は保護者にあるんじゃない? 犯人を殺せというなら、それは自分達にも跳ね返ることなんじゃないの? つか、それは責任転換にしか思えない。裁判に出てきて陳述するなんてよく臆面もなくできるよ。馬鹿の上塗りってやつだね。で、さらに弁護側は責任能力を問う方向で進んでいたらしく、裁判が茶番化しています。

死にたい奴は死なせてやればいい。それが基本で良いと思う。ただ、14歳という年齢を考えると、それほど単純には解決できない部分もある。それでも、死にたいとまで思って、それを実行にまで移しているにも関わらず、その状態を察知も出来ず、悩みを相談してもらうだけの信頼も勝ち得なかった人間が、保護者として成立できているという問題は、この犯人の性倒錯なんかより遙かに重要だと思うのですけどね。何故なら、犯人は特異な変人と認識できるけど、この馬鹿親共は普通の人でまかり通って居る訳だからね。それと、被害者の中には成人していた奴も居たみたいだけど、そんなのはもう同情の余地無しですね。要は楽に死ねたかどうかの違いでしかないんだから。

あー、また勘違い脊髄反射君達が来そうだから念のため書いておくけど、別に犯人をかばうとかそういうつもりは毛頭ないですよ。犯罪は犯罪ですからね。それどころか、当人が死刑で良いって言ってるんだから、それでいんじゃねって気がしてますし。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
死んだ者が共犯なのに、
「犯罪史上例ない残酷さ」どこがだよ? ですよね。
こういう勘違いコメントが、件の親を助長させている。
2007/02/23(金) 10:39 | URL | ピーちゃ♪ #Vdz.lraQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1852-f670f372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック