FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
パトカー追跡巻き添え死亡の損賠訴訟、2審も遺族敗訴

どう考えても、まず酔っぱらいの糞餓鬼に対して慰謝料を請求するのが筋なんだけど、取れないと見て矛先を変えたのかな? 警察もいい迷惑ってことなんだろうな。しかし、読売も見出しの付け方が酷いねぇ。「パトカー追跡の巻き添え」って、そりゃあんまりだろ「犯罪者逃走の巻き添え」ってのが正しい表現なんじゃねーの?

交通違反が明白で物的証拠まで揃っている場合、逃走する奴なんてのは、まずロクな奴が居ないから、どんな手を使っても停止させる。結果犯人が死亡してもやむなしってことにすれば、こういう被害は無いと思うんだけど。つまり、そんな奴撃ち殺しても構わないってすればいい。犯罪者の癖に一端に権利を求める奴が居たりするから、巻き添えが起きるんだろうねぇ。権利を云々言う前に、死にたくなければ逃げるなってことですよ。

それと、民事の支払い責任が大甘ってのもあるだろうねぇ。支払い能力が無ければ踏み倒し可だし、あったとしても強制執行するには、貰う側が被害者であるにも関わらず面倒な手続きをしなければならない。そんなのはおかしすぎる。支払い義務を完了していない人間に対しては、全ての収入、資産などを公的機関が管理して、最低限のものを残して身ぐるみ剥ぐ。足りなければ一生強制労働。まだ足りなければ身体や命で精算。ってすれば、こういう無駄な裁判は無くなると思うし、馬鹿な犯罪も減るし、被害者も納得しやすい。一挙3得です。失うものは犯罪者が得てきた不当な権利だけなんだから、なんの躊躇も必要ないと思いますがね。勿論、民事の賠償責任を正しい額におさめるのが前提。算定方法に関しては見直しすべき点はあるように思えますけどね。

誤解を恐れずにあえて例を書くと、

交通事故の自賠責基準の賠償金額 第7級 保険金額 1,051万円

・1眼を失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
・2両耳の聴力が、40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することが
できない程度になったもの
・1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を
解することができない程度になったもの
・神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが
できないもの
・胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが
できないもの
・1手のおや指及びひとさし指を失ったもの、又はおや指著しくはひとさし指を
含み3以上の手指を失ったもの
・1手の5の手指又はおや指及びひとさし指を含み4の手指の用を廃したもの
・1足をリスフラン関節以上で失ったもの
・1上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
・1下肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
・両足の足指の全部の用を廃したもの
・女子の外貌に著しい醜状を残すもの
・両側の睾丸を失ったもの


に対し

ノック知事セクハラ訴訟判決 要旨  【認容金額】1,100万円

さて、どちらどうなのかは追求しませんが、釣り合ってるとは僕には到底思えません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1891-32e5f31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック