FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
EM・ONEの実機を見てきました。そして、イーモバイルの兄ちゃんにも話を聞いてきました。ただし、兄ちゃんのスキルは、

「Bluetoothのプロファイルは何に対応しているんですか?」
の質問に
「バージョンは1.2です」

と答えるレベルなので、そのつもりで。


まず、印象としては格好良い。そして薄い。W-ZERO3はずんぐりむっくりという感じなので、このスマートさは目を引きます。そして、画面はやはり大きい。4.1インチW-VGTAは伊達じゃないなということでしょう。

横スライドと縦スライドが出来るのはご存じの通りですが、どちらもしないと当然のことながらボタンによる操作が出来ない状態になります。一応液晶外にタッチパネルのボタンが幾つかありますが、あくまでもパネルなので、ボタン操作の感覚とは違います。脇にホイールがあるので、それで操作できる分にはなんとかですが、それは右脇なので、真ん中にボタンが付いている機種とはやっぱり操作性が違います。しかも、ホイールを使うくらいなら縦スライドさせれば十時キーやポインタが操作できることになります。つまり、左手で操作というのには向かないというキー配置ですね。タッチパネルボタンの誤操作も気になるところです。キーロックを確認してくるのを忘れてしまったのは失敗です。

キーボードはかなり大きめで、W-ZERO3よりは押しやすさを感じました。配置的にキーボードの脇に十時キーやポインタが来るというのも悪くないです。あまりキー入力はしなかったのですが、当然、余計なキーがある分、左右のバランスがやや悪いというのはあります。これはもう少し使い込まないとなんとも判断しにくいところでしょう。ちなみに、キーボードの左側にリセットボタンがあります。これはW-ZERO3に比べると大きな進歩(笑)なんだかんだでWMはまだまだリセットが必要な場合がありますから、いちいち裏蓋を外してってしなくて済むのは助かります。

縦と横のスライド機構を設けて、かつ薄くしたせいでしょうが、可動部分はかなり華奢に感じました。実際モックも含めて置かれていた機械は全て横方向に半開きできてしまう状態。当然無理に開けようとすれば壊れます。マグネットか何かは付いているようなので、自然にパカパカするということは無いと思いますが、最初触った時は、えっ!って思いました。ポインタはそれなりに便利でしたが、動きはガクガクした感じがあります。馴れれば判りませんが、細かい操作は厳しいかなという気がしました。

動作はちょっと触ったレベルでは、W-ZERO3と特に変わったという印象は無し。比べれば速くなっているんでしょうが、依然としてもっさり感は残っています。通信速度は確認しませんでしたが、Operaを使っている分には、正直「この程度か」という印象。明らかにCPUの方がボトルネックになってます。比べれば相当速いんだと思いますが、個人的には思っていたほどではなかったという感じです。ただし、ダイヤルアップの操作が不要なので、その点は楽と言えば楽。思い立ったら即ブラウジングが可能なのは嬉しいかもしれません。

ワンセグは、それなり。拡大表示になっていて、かつ画面がでかいので、正直綺麗だとは思いませんでした。しかも、ワンセグのソフトを立ち上げようとすると、全てのアプリケーションを終了しなければならないという仕様で、メニューすら維持することができません。よって、ワンセグを裏で起動しつつブラウジングとかそういう芸当は不可能です。メールの着信は大丈夫だと言っていましたが、着信は出来ても確認することは出来ないでしょう。その辺りはアプリの作り込みがイマイチという気がします。

気になるエリアに関しては、一応都区内はそれなりに自信を持っている感じに見えました。地下鉄の駅もOKだそうです。この情報は収穫。6月までには、首都圏の領域を一回り大きくカバーするらしく、埼玉だと上尾、川越。神奈川だと茅ヶ崎、横須賀辺りまではエリアに入るようです。いまのところ、まだ在庫不足などと言うことは無く、予約すればサービスイン当日に渡すことが出来るとのこと。

ついうっかりしてバッテリーのことを聞き忘れて来てしまったのですが、それ以外の点に関しては、良く出来た端末というのが正直な感想です。欲しいなぁという気がしますが、それでもやっぱりエリアの問題がどうしても思い切れない。お試しで1週間とか貸してくれれば安心出来るのになぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1906-f4ae68bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック