FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
【産経抄】3月16日

アメリカが「大衆のムードによって国の外交が大きく左右される…不思議な国」だと言っている。それに様々な苦労があったのだそうだ。この印象に関しては確かにその通りだと思うし、個人的にもこの点に関しては、好印象を持っていないのだけれど、

考えてみればこれはある意味理想的な民主制が実現されているということを指すのじゃないのか? 支持率が不支持率を上回っても堂々と首相が偉そうにできる国よりも余程民主制的精神に忠実だってことなんじゃないの?

つまり、理想的な民主制により近いのがアメリカ、もっと近づいた場合なども考えてみれば、近代民主制の致命的欠陥が見えてくるんじゃないでしょうか。

って言うと、すぐにお前は共産主義者だなと、言葉の定義もはっきりさせずに断定してくるシンプルな世界に住んでいる人達が居ます。人間はそもそも不平等なのが当たり前だと言う人間が共産主義なのかどうか考えて貰えば理解できると思いますがね(笑) で、彼等はマルクスが大嫌いで、ソ連が大嫌いだったりするんですが、昨今の自称愛国家の連中のやり方って、ソビエトのやり方に妙にダブる部分があったりするのは気のせいなんでしょうかね?
スポンサーサイト



FC2テーマ:政治 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/1986-949e24bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック