Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
面白かった。最初のラフマニノフはちょっとしつこいかなって思ったけど、そこからラストまでのテンポは良かったですね。のだめちゃんがマジになったのが可愛かったです。なんで、今のままののだめではコンチェルトは駄目なのか。その辺りがとても気になりますね。千秋とのだめの関係ってのが、客観視すると妙だってのがはっきりしたのもなかなか上手いです。

ともかく、アニメとして音楽を表現するのは難しく、いくら曲を聴かされても理解不能です。そういう意味で他の何かで補足するしか無いんですが、大げさ過ぎるとそれはそれでいやらしくなります。今回の、観客が泣くってのも、もうギリギリのラインで、泣くなら泣くで何故そこまで感動的になり得たのか、その辺の説明が無いと話としてはさっぱりです。いや、そういう演奏でしたからじゃちょっとねぇ。

今のところは、その辺も含めてそれなりの出来をキープしています。けれど、演奏のレベルが上がれば上がるほどハードルはどんどん高くなっていきます。さて、どこまでやれるのか、楽しみに結果を待ってみたいと思います。
スポンサーサイト
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:1 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2031-2fc9f7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 千秋とシュトレーゼマンによるAオケとピアノのコンチェルト。
2007/04/12(木) 21:56:11 | 移り気な実況民の日々