FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
新番構成が凄くて、視聴がおいつかねぇ。全くなんて量なんでしょうか。お陰でかなりクオリティ的にヤバいことになっている作品も散見されています。これだけの量を作るだけの労働力が今のアニメ業界にあるとは思えないですから、仕方ないことでしょうねぇ。

1クールの予定になっている作品がかなり多いのも気になります。1クールでもそれなりのことはやれますけど、やっぱり本腰を入れてきっちりとした物語を作るには、2クールが必要になると思います。その位の話数がないと、話を練り込むだけの時間が取れないでしょうからね。そういう意味では、ほとんどの作品が最大に良かったとしても佳作止まりということを意味しているのかもしれません。いや、1クールでもこれほどやるかという作品が無いとはいいませんが。今のところお目にかかったことがないですね。

なんでそうなっているのか、妙な構成を取っている作品が多いのも今回の特徴。1話からいきなり修羅場的な構成になっているものが幾つかあります。別にそれが必ずしも悪いという訳ではないんですが、当初の設定も頭に入っていない状態なので、どうしても見ている側が置いてきぼりになってしまいます。それを挽回してあまりあるだけの話になってくれていれば何の問題もないんですけど、その辺りはちょっと心配です。

なんとなく、謎を作るための構成になっているような気がしてなりません。物語自体に深みを持たせないで、構成や見せ方でそれを演出するってのは、そう簡単な事じゃないので、安易にやると良い結果を生まないような気がします。まぁこれも1クールで話を作るというところから来ているげんしょうなのかもしれませんね。

ともかく、ここまで見た中では、悪くないなと思えるのは半分くらいってところでしょうか。最近では相当低い確率になっているような気がします。とりあえず作って放送してしまえばなんとかなるぞ的なことにならないように、是非頑張っていただきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2120-056e99fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック