FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
中盤の繋ぎが悪くてどうしてもボールを磐田に支配されるという時間が長かったです。相手のシュートが2本もポストを叩きましたから、負けていたという結果になったとしてもおかしくない試合でした。これまでダブルボランチの形式だったものが、4バックにしたことで、1枚になり、中盤が薄くなった。ということは考えられますが、そこまでポジションに固執しているようにも見えませんでした。要は、まだシステムに馴れていないという部分があったということでしょう。まぁ磐田も弱いチームでは無いし、連勝で調子も悪くなかった状態ですから、そう簡単には勝たせてはくれません。最終的に勝利できたというのは、ツキもあったように感じます。

攻撃面では小野が光っていました。ポンテやワシントンは相応という感じがしましたが、やっぱり、長谷部や山田、阿部の攻撃面での貢献がもう少し見たいというのがあります。中盤が繋がらなかったので、上がるのが難しかったというのもあるし、磐田側も左右を有効に使っていたというのもありますが、だから攻められませんでしたと言ってしまったのでは、あまりに芸がありません。

もう少し熟成には時間がかかると言う気がします。後メンバー的な問題も。相馬と達也が戻ってきた時にどういう布陣が組めるかというのが楽しみです。今はまだ攻撃面では、システムを弄りたくないというのがオジェックの考え方なんじゃないかという気がします。交代要員も守備的な選手が多い。どれくらいで、今のサッカーが身についてくるか、早いところお願いしたいなと楽しみにしているのですが、なかなか難しいようです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2121-51c5aeac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック