Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
妻としては…夏の賞与、次世代DVDは不可?

まぁ興味の無い人の認識なんて言うものはこの程度なんだろうという良い実例。けど、一応マスコミの記事として載せるにはいささかお粗末としか言いようがない。IT関係の人間の話ということらしいが、希望的観測が入りすぎているような気がします。

iVDRが刺客だという。100Gで¥5,000を目指すという話も本当だろう。にも関わらず何故かBlu-rayの方は現行の価格でコストパフォーマンスを比較している。iVDRが100Gで¥5,000になる頃には、Blu-rayディスク1枚の値段は、恐らく数百円という価格になっているだろう。現行のDVD-Rなりの値段を見れば、それは当然想定できる。となれば100G分のディスクの価格は、¥2,000程度ということになり、iVDRより遙かに安い。ついでに言うと、iVDRがメディアとして、どの程度生き残るのかは未知数。恐らく商用のROMが発売済みのBlu-rayなりHD-DVDなりの方がまだ生き残る可能性は高い。

音楽データがネット配信されているという現状を見て、映像もネット配信されるのではないかという。例としてiTSの動画配信を挙げているが、HD画質での動画配信はまだ十分に立ち上がっているとは言えない。しかも、日本で欧米と同じレベルのサービスが受けられるかも微妙。価格も未定。これを録画すればいいじゃないかと考えているようだけれど、そもそも録画出来るかどうかも不明。それを言い出したら、放送だけで十分ということになるのだけど、それじゃ嫌だからメディアに保存して所有しておきたいというのが趣旨なんじゃないかという気がする。

次世代DVDを否定して乾燥機を買いたいなら、こんな適当な言い訳を付けなくても、他にやりようはあるでしょう。まずBlu-rayとHD-DVDのどちらが生き残るのかが現段階では不明瞭であるということ。マルチドライブも出るようだけれど、それがどの程度の出来で、どの程度普及するのかはまだ判らない。この時期に次世代DVDを決め撃ちするのは、かなりリスクが高い。

さらには、値段が30万もしているように、良く言ってもまだ黎明期であり、本格的に普及するとなったら、あっという間に価格は1/2、1/3に落ちていく。初期の製品は故障率も高く、そうでなくてもレーザーピックアップは消耗品なのだから、大して見もしない内から高額なレーザー製品を買ってもあまり得は無い。少なくとも後数年は待った方が一般的に幸せに慣れるような気がします。

要は、次世代DVDを搭載しようとするから高いのであって、通常のデジタルHDDレコーダーを購入する分には、10万もあればなんとかなります。当面はそれで凌ぐというのが一番無難な選択なんじゃないでしょうか。いや、放送録画には興味が無いということであれば、それすら不要なんですけど、仕事で遅くなる旦那としては、折角大画面TVも買ったことだし、自分の見たい番組をHD画質で見たいという要望は理解できます。まぁその辺りが落としどころなんじゃないのかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2137-651f33a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
どういう人かは知らないけども、井上純子さんというライターが、次世代DVDと洗濯乾
2007/04/11(水) 15:27:47 | ありのままの現実
知らされてない情報があるからこその『懲戒免職』われわれに知らされてない情報があるからこその懲戒免職だと思いますね。
2007/04/10(火) 14:22:07 | 事務所 須賀健太