FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
すいません。僕にはバルサ姐さんの策がさっぱり判りません。およそ陽動だってことは確実なんですが、なんで陽動になるのかが良く判らないっす。どうやら山狩りが来るだろうことは事前に想定していたようなので、妙手という奴なんでしょうが、それにしてもなんでだろって感じです。

今回も、ネタ出しと、物語の進行と、伏線と、キャラの描き込みがバランス良く出来ています。この辺のバランス感覚は素晴らしいです。この手の切り返し的な回だと、どうしても怠くなったり、情報量が薄くなったりしがちなのですけど、そういう部分がほとんど感じられないというのが凄いです。

精霊の守り人というのは、バルサのことだろうと思っていましたが、そうではなくてチャグムのことを指すんですね。これで、卵が孵るまでが勝負で、それをなせばチャグムを救ったことになるというのは判りました。ゴールが明確に見えたのは、大きな前進でしょう。それと同時に、生まれる精霊をどう抑えるかという新たな課題が提示されているというのが、上手いところです。けれど、こちらの方が手の撃ちようがあるかもしれないという感触はありますから、さじ加減も良い感じです。この辺りは原作の力ですかね。

ともかく、今の状態から脱出して貰わないことには、話も進みようがないですから、早いとこ抜け出して欲しいんですが、折角なんでその段取りも楽しみましょうって感じで進んでます。無駄の無い構成ですね。これからどうなるのかも楽しみに出来そうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2296-6154c07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック