FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
100人の村は楽園だった

なかなか示唆に富んだ書籍ですね。とても面白いです。しかし、これは田舎の農耕生活が豊かであるということになる訳ではないということに注意するべきだと思います。実際そんなことは恐らく不可能な訳です。

現代社会の最大の問題点は、個人主義に基づく誤った見解から生じた、人間の社会からの疎外にあると言うことだと思います。村のような共同体は、まだ都会程この症状が進行していないために、結果として豊かに見えるという事なんだと思います。

これは、あからさまに近代資本主義と、近代民主主義が生み出した弊害です。本来資本主義も民主主義も有用な部分が多い制度ではあるんですが、ねじ曲げられた形で実現してしまっているために、このような妙な状況が起こっているんだと思います。

個人を尊重するというのは、個々人を単に特別扱いするということでは当然ありません。個人に対する社会との相関関係において初めて、個人主義は成立する訳ですから、社会との関わりというのは、絶対条件になるはずのものです。そこを忘れて、個人主義に走るから、社会から疎外されるという結果を招くことになったのでしょう。

これはある意味当然のことで、自由の意味を理解していない連中に、無条件で形式的な自由を許せば、当然暴走を始めます。自由もそれ以外のあらゆる権利も責任に伴って与えられるものであるのが当然であるのに、それが無条件に与えられ、かつ、その中身がどんどん大きくなっていく傾向があります。そうなれば要求も肥大化するのは自明です。彼らは、自由がどのような経緯で何のために与えられているのか理解することもなく、自分が自由であるのは当然であり、何者にも束縛されるものではないと、とんでもない勘違いをしている訳です。

そんな社会が豊かになるはずはありません。豊かな社会を作るためには、いったん大衆から全ての権利を剥奪し、再構成するのが最も近道なんだと思います。大衆に力を与えてきた、資本主義と民主主義は、現在社会の癌となりつつあります。徹底的な外科治療を行わなければ、命に関わるという末期の状態になってきているように僕には感じられます。
スポンサーサイト



FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2306-5fdde31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック