FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
【正論】中原英臣 閣僚や官僚は科学の基礎知識を

バランスを著しく欠くと言うことであれば、一定の是正措置をはかるべきだというのは、確かにそうかもしれない。けれど、本来は文系であっても科学とは何かとか、科学の意義とはとか、科学の成すべきことはとか、そういうことは理解していなければならないはず。ましてや政治家や官僚になろうとするなら、そういったことには、一定の答えを持っている人でなければならないはずです。

ところが、記事のような指摘が起こる。それは恐らく、文系技術者になっているからなんじゃないでしょうか。法律屋、経済屋、政治屋、この辺が典型で、そのことしか知らないって連中。こういう連中ばかりでしめられるようになると、そりゃあ判断が硬直化しますわな。

政治家や官僚にこの手の専門家は必要ない。包括的な視野と知識を持っている人間が少数居ればそれで良くて、後は必要な都度民間なりから必要な人材を集めれば良い。彼等の意見を判断出来る程度の知識や経験を有するということが、この職種に絶対必要な要件な訳です。それを縦割りにして、専門性を高めるから、結局トータルとしては使えない馬鹿ばっかが揃うという結果になる。

数ばっかりやたら居て、給料ばっかりやたら高くて、ほとんど使い物にならない。それが今の役人共の姿。我々から見た時に、考え方が異常に見えるのもそのせい。人間の手で過保護に育てられてしまったら、それがライオンだろうが虎だろうが、二度と野生に戻ることは出来ないというのと同じで、エリート街道まっしぐらで来た官僚様達に、何かを求めても無駄ってことでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2366-18ad7f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック