FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
目立つ「無罪」判決 証拠評価厳しく 「状況」・自白…偏重認めず

結局何が言いたいんだろうか。裁判員制度が危険だと言いたいのか? それとも証拠の検証を厳格にするのは良くないと言いたいのか? もう少し主旨をはっきりしてくれると助かるのですがね。

裁判員制度は確かに劇薬だと僕は思います。ぶっちゃけ正しい判断ができるかと言われれば、難しい事件に関しては無理でしょう。法律やら事実やらの争いではなくて、大衆心理操作戦になるだろうことは、ほぼ確実だと思われます。世の中のほとんどの人達は、物事の本質を見る力を持っていると思っていないですし、それどころか本質と言うものの重要性にすら気付いていないという人の方が多いでしょう。そんな連中が罪かどうかを決定するというのだから、もうギャンブルの世界だと言っても過言ではないでしょう。

じゃあ、何でそんな制度を導入しなければならないのかと言えば、法曹達も同程度に適当あるいは非常識でるという認識があるからでしょう。世間知らずのエリート達は一応プロではありますが、正しいという感覚が一般人よりずば抜けて居るという風には思えません。逆に、法律に詳しいが故にトンデモな判断をして居るんじゃないかという例もしばしば見られ、継続的に法律の世界にいるために、過去や未来のシガラミというものも存在している可能性もあります。

そんな状況に対して、裁判員制度という劇薬を使ってやろうということになったんでしょう。本来であれば、法曹の制度そのものを見直すのが正しい対応だと思うのですが、既得権益を守ろうという連中が底を死守しようと躍起になったんじゃないでしょうか。いや、政治屋達は底に気がつかなかったという可能性もないとは言いませんが。何れにしても、場当たり的手法であると感じられます。

とは言え、これまでになかった制度を導入することで、何らかの変化が起きるのではないかという点は期待できます。と言うか、それ以外期待するものはありません。証拠検証の厳格かというのもその一つなのかも知れません。で、これを否定する要因というのは僕にはあまり感じられません。犯罪者が無罪になることは腹ただしいことですが、それ以上に無罪の人間が裁かれることの方が余程恐ろしいことで、絶対に避けるべきという判断は当然のことだと思われます。

ちなみに、自白の信頼性という項目がありますが、容疑者を監禁して1対多での取り調べを許しているからこういうことになるんじゃないですかね? 取り調べは弁護士立ち会いを基本とすれば、信頼性が問題になることはなくなる気がします。捜査方法にそもそも問題があるんじゃないかという気がします。
スポンサーサイト



FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2391-ae04b4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック