FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
シロエの主張は一々ごもっともで、適切です。大衆を飼い慣らす一番の手法は、信仰をあたえてやること、疑問を与えず幸福と安全をあたえてやること。それで彼らは人間を捨て、簡単に家畜に成り下がります。で、家畜の管理は機械が行うのが最も効率的。基本的に機械に感情なんて必要の無いものだから無い方が良い。それは、文字にすると酷い事に思えるかもしれないけれど、実際そこに暮らすもののほとんどは、その生活に満足するでしょう。大衆の扱いはこれで間違っていません。

最高学府。そう呼ばれるところで、家畜を育てるという手法は諸刃で、基本的には全体の弱体化を促すことになります。より優秀な目が摘まれ、新しい考え方が排除される。本来であれば、大衆を最高学府に存在させるということが間違っていることで、そこはシロエのようなタイプの人間だけを集めてより高めるのが正しい手法。それが出来なくなれば、社会は収束方向に向かうのは確実でしょう。某国の大学と同じような状態ですね。

地球へのモチーフは、様々な示唆にとんでいて、本当に楽しめます。消化し切れていない感じもありますが、問題提起には十分なものがあります。結論から言うと、ちょっと片手落ちな表現がされているような気がして、全ての人間に自由が必要なのかというと、そうではないものの方が圧倒的に多いというのが現実です。なんでも一絡げにしてしまうというのは大きな問題ですが、どちらかが正義でどちらかが悪と簡単に決められる類の内容では無いだろうと思えます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2398-2362f779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック