FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
完成された優秀な家畜キース。家畜にもなれないサムを初めとした大衆達。マザーイライザの実験は限り無く失敗しているわけだけれど、キースの存在が僅かな可能性として残されている形になってます。実際にキース以外のステーションの人間はどこまでも大衆的で、それがキースの感情を揺さぶる原因に繋がってもいます。

と同時に、シロエを初めミュウの一団に対しても敵意を向けるのは、自分とは異なったものを受け入れないという偏狭、自分達の存在を無効にされる恐れ、規則は絶対という信仰がもたらすもので、まさしく自分というものが一切無い、虚無からうまれる感情であると言えるでしょう。

基本的には、人間は自由であるべきだという方向に纏まるんじゃないかという気がしますが、自由であった人間がどうなるかという点も示唆しています。地球が人間の住めない星になったという点もそうですし、指導者不在の時のミュウの状態を見てもそれは読み取れます。

結局人間の自由には条件が必要になる。これは絶対条件というのが実際の結論になるんじゃないかとそういう気がします。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 : 5
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2431-e33a65e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック