FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
格差が遺伝する! ~子どもの下流化を防ぐには

僕は勿論こんなしょうもない本は読んでいないし、もし間違って読み始めたとしても、ここにかかれている内容が事実なら、半分と読まずにゴミ箱に投げ捨てるだろうことは間違いない。

基本的に中身は、所詮マーケティング屋の領域を出ていないレベルのものだし、明らかに一定の価値観を加味しているのが見え見え。つまり、何が言いたいかというと、このアンケート自体が、正しいものであったとしても、そこから結論を導き出す際にある種のベクトルが加えられているのがあからさまで萎えるということです。

家庭環境が子供に影響を与えるなんてこと自体は当然のことで、なにもこんなアンケートなんか必要は無いのですが、一応具体的になっているので見てみると、結構役に立つこともかかれているようです。

・成績「上」の子どもがいる家庭の15%が日本経済新聞を購読している
・成績の良い子の母親は昼寝より読書が習慣の「がんばる派」
・英語への取り組みは成績とはあまり関係ない
・下流的な若者ほど白いご飯を食べている人が少ない(母親が料理好き)
・成績「上」の子どもの母親に「プレジデント・ファミリー」読者が多い


「上」とか「良い」とかはプラス方向のイメージを作るものですが、それが絶対的に良いものであるかというのは別問題です。明るいだとかがんばりやだとか適当な言葉で飾っていますが、結局「良い」子供とは何かという基準に信頼性の欠片も無いので、その上に何を持ってきても空虚です。つまり、「成績が良い子供ほど良い子供」という前提が間違っているとするならば、上であげた例の評価は逆転する訳です。つまり、

日経やプレジデント・ファミリーを購読し、母親ががんばる派の子供は腐れだ

という結論になります。そして、この社会をこれだけ停滞させている最大の原因がエリートと呼ばれる、社会体制の奴隷としての自分に一切の疑問すら持たない不感症な家畜にあるというのは確実で、少なくともこの作者はそのことに気付いていないことは明白です。

で、このアンケート結果を持って結論がなんなのかがよくわからない。格差が遺伝するのは詳細な内容は別として、当然のことで今更言われてもどうにもならないことで、だから何の部分こそが重要な点。当然家族制度を壊さない限り根本的な解決は無いんだけど、とりあえず当面どうするかという部分くらいの提示は欲しい。

有効な策の一つとして、価値観を変える、というか多様化するという手段があります。つまり、資本主義的な金至上主義、体制至上主義からの脱出というのが重要な命題になります。金なんか稼げなくても、エリートなんかじゃなくても十分価値があるということを当人と社会が認めれば、それは格差とはならなくなります。ついでにAmazonのレビューも見てみると、向上心とか訳の判らん単語も使っているけれど、なぜ向上心が生まれないのかという部分、特定の価値の押しつけこそが、それに乗れない人達の向上を徹底的に削ぐものだということには考えが及ばないようだ。

そういう視点で見てみた時、格差に問題があるという口調で善人面な本を書いているこの作者のような連中、アベもまさにそうなんだけど、奴らこそが、まさに格差を増進させている張本人であるということが見えてくるだろうと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2457-f622f146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック