FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
JVA、2007年度事業計画を発表「HD DVD/BDの勢いなし」

ビデオというものが初めて世に出たとき、それは夢の技術だったし、何もかもが初めてのことだった。ビデオソフトは垂涎の憧れではあったが、高価でそうそう何本も買えるようなものではなかったし、買っても時系列で劣化するという事実はすぐに判明した。

そこで登場したのがDVD。これは凄い。デジタルで記録され、画面は鮮明、取り扱いは容易、時間劣化は無いし、価格も大分こなれてきた。プレイヤーも安価に出回りはじめ、これは買うしかと飛びついた。

そして数年。実際にはどうかというと、買ったソフトも結局は見て数回、買ったときに1回見ただけというのも結構ある。下手すると封も開けずに封印なんてパターンもある。洋画の価格は大分安くなったものの、数千円はするし、日本製のコンテンツは未だにとんでもない値段が付いているものがほとんど。テレビは多ch化が進み、映画もドラマもアニメも専門chが複数あってそれほどの値段を出さずとも毎日見ることができるし、なんなら近くのレンタル屋に行けばDVDソフトが数百円で一週間も借りられる。面倒くさければ宅配のサービスまでしてくれる。

そんなご時世にHDやBDが出てきた。魅力は当然高品質なHD映像。でも、それが十分楽しめるようなHDテレビの普及率は進んでるのか微妙に疑問。持っているとほぼ自動的にBS/CSチューナーも搭載されていますから、これまで専用チューナーやデコーダーが必要だったchも電話一本で、いやテレビから申し込みをするだけで契約できてしまう。おまけにプレイヤーはまだ高価で、DVDの時の経験から、今後価格は急降下することは目に見えている。頼みの綱のPS3もやっぱり高いし、ゲームソフトも評判もパッとしない。ソフトも付加価値を付けているから、旧作でも値段はDVDよりも高いことが多い。

勢いが出る要因がまるでないわな。

まずは圧倒的にやすいプレイヤーの登場が必須でしょう。3万以下位。5万も出せば十分なクオリティが維持できるって程度にならないと厳しい。その上で、旧作ソフトはDVDと同じ値段。新作の値段も見直し。特に国内コンテンツは半値以下にしても良いくらい。それだけやって初めて勢いが出てくると思いますね。

いや、もう一つの手は、素直にセルなんてあきらめて、レンタル屋に大量の次世代DVDを流し込むという手もあります。そうすればこれまた普及はドンと進む可能性があるでしょうね。

そうでもしない限り、もうそう簡単に美味しい思いはできないと思いますよ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2458-856a01d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック