FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
このシリーズの中では、一番の出来だったように思えます。元々原作からして、「レディ、Go!」自体が前振り主体の回であるし、体育祭ということで動きを出しやすかったという部分もあるのかもしれません。

このシリーズは全てそうですが、50分の中に相当の量の話を詰め込んでいますから、どこを切っても無駄は無く、むしろ何が足りないかという話になる方向であるというのは、今回もまた変わっていません。それが、全体としてあっさりした感じに仕上がってしまうというデメリットを産むのですが、今回に関しては比較的それを感じずに済みました。

あえて言うなら、やっぱり可南子の表現が弱いというのがあります。しかし、これは前巻の状況を引きずっているので、むしろシリーズとしての可南子解釈の問題ということになるでしょう。とはいえ、賭に関してはこの話の根幹なんで、もう少し落とし込みがあっても良かったかなという気はします。このアニメシリーズだけを見て、本気で可南子と祐巳の関係を理解出来たと言う人が居たら、凄い感性の持ち主なんじゃないかという気がします。この一連の流れで重要なのは、祐巳の妹問題なんですが、その点がどうにも軽すぎるなという気がします。

逆に今回良くできていたなぁというのは、瞳子ちゃんですね。いやぁ、ツンデレとはまさにこれを言うんじゃないかって言う位で、可愛さ爆発でした。けど、これも原作の補足情報があったからという気がしないでもありません。まぁ、フォークダンスのシーンもあったから一応フォローできていたかな? 学ランの祥子さんや、藤娘の志摩子さんもラブリーでしたね。

時間的に厳しい中だったので、相対的に志摩子や由乃の部分が弱くなっているのと、折角の家族対面もちょっと軽く流れちゃったなぁという気がするのともありますが、まぁそれはそれで良いかな。基本的には、3rdシーズンもこれにて終了って感じです。「チャオ ソレッラ!」はおまけ的要素が強いかなという感じがしています。4期を始めるまでには、原作がもう少し進んでくれないとでしょうが、ここまでやったからには、是非続きもやって欲しいものです。

とりあえず瞳子ちゃん萌えってことで。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 6
構成 : 5
キャラクター : 6
カラー : 5
その他 : 5
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2481-a72b827b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック