FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「感情労働」時代の過酷

弱者は救済した方がいい。それは確かだけれども、それを認めるとあれよあれよという間に、弱者は救済すべきだ、弱者は救済されなければならない、弱者を救済しないとは何事か、とヒートアップしていきます。

人は一度得た権限を手放すことに、執拗に抵抗する。これが既得権益の怖さです。限定的に、一時的に、条件付で、ということで始まったものが、やめるにやめられないなんて話は至る所にあります。で、今度はその状態を最初から知っている、その状態が普通だと思っている。そんな連中が湧いてきます。こうなると、もう傍若無人を絵に描いたような状態になります。

ここで挙げられている例はそんな連中なんだろうと思えます。それでも彼らを救済しないといけない。という観念が被害者を苦しめている。どんな奴だろうが、出所に関わらず金は金、投票してくれれば1票は1票。金や票に上も下も無い。そうである以上、雪だるま式に社会の質の低下が起こるのは、当然の結果です。

僕はコンシューマ向けの商売はしたいと思いません。
学生の頃のバイトだけで十分懲りました。
スポンサーサイト



FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2531-47ccd7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック