FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
これまでずっと守られてきたチャグム。でも実際はただ者ではないという片鱗を見せる回。賭け事ってのは、胴元が有利になるように設定されている。それは当然のことで、そもそもそれで儲けようと考えるのが酔狂というのはなかなか真理を突いた見解です。

駆け引きを楽しむという意味では、今回のチャグムの勝負もなかなか興味深く、かつ面白いものがありました。賭場の親父も、客の兄ちゃんや姉さんもなかなか魅力的で、この辺りの描き方はさすがだなと思うものがありました。

チャグムがもう少し民の生活に馴染む回かと思ったら、そんなことは無く、チャグムはやっぱりチャグムだったという結論も悪くない。それでいて、値切り方とかちゃんと経験する部分は経験するという表現もされているのが良いバランスです。

チャグム自体は特に何が変わったという訳でもなく、彼が賢いというのは、これまでも描かれてきたことなので、基本的に強化であって新しいことではありません。なので、これまで同様の展開が使える。トーヤの怒りが自分の金のためでは無いと知って、自分が勝負をすることを買って出たり、最終的には、形見のペンダントを賭けるところまで行くという辺りは、チャグムの為人をとても良く表現していると思います。見守っているだけのバルサ姐さんにしても、僅かな挙動で感情の変化を出している辺りがなかなか渋いです。こういう上品さが演出には欲しいところです。

これで、結局チャグムは変わらないという結論が出たような気がします。ならどうするという展開が次には必要になってくるでしょう。そろそろ話が動き出すのかもしれません。まだチャグムのが完全にポジションをキープできるところまでは描けていないんで、もう少し彼の描写が続くかもしれません。何れにしても、シリーズ構成が美しいですね。

----------
シナリオ(単話) : 7
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 7
構成 : 6
キャラクター : 7
カラー : 5
その他 :5
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2543-9ac52eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック