FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
知財推進計画が目指す「コンテンツ亡国ニッポン」

さすが小寺氏は、この件で以前から真面目に考えている人だなぁという内容になっています。肝となるポイントは、2つあって、まず前提となるのは最初の一つ目。

実は著作権法の非親告罪化の動きは、海賊版対策という前提を媒介として、裏側では権利者団体の強制力強化へと繋がっているのではないか


鋭い! なるほど、確かにそうかもしれない。日親告罪化しても、すぐに警察が動き出すことなんて無いというのが、お気楽な非反対派の意見だったように記憶していますが、警察が動かなくても、それ以外の第三者が動き出してしまえば実質同じ事です。現在の権利者団体という既得権者が文化の敵であるというのは、既に確定事項ですから、彼らの強制力が強化されるというのは、やはり文化の衰退に直結すると考えるべきでしょう。

で、その理由をちゃんと説明してくれているのも親切なところ。これが二つ目のポイントとなるでしょう。

著作権法の非親告罪化が危険なのは、モノの作り方を知らない人間が、デッドコピーとクリエイティブの違いを無視して権力を行使するようになるからである。そのために権利者団体の幹部は、クリエイターなのだという反論もあろう。だがモノの作り方を忘れちゃった人は、最初からそれを知らない人よりも始末が悪いような気がする


つまり、事務屋が偉そうにすると、ロクなことにならない。ということ。それもその通り。こういう微妙な物を法文化するのは非常に困難で、やったとしても必ず隙間が空きます。その部分をいやらしくついて、利益をむさぼろうとするのが既得権益者の仕事だと言っても過言ではないでしょう。彼らは、自らがクリエイターで無い、あるいはクリエイターであることを忘れたが故にこういう行為を平然と行えるであろうと想像できます。現在における権利者団体は必要悪という意味合いが強いということを肝に銘じるべきでしょう。自分達が文化を守っているとかうそぶいている奴もいるようですが、トンデモな勘違いです。彼らの権限は出来る限り小さくする方が圧倒的に望ましいことは間違いないでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2546-bbb7b8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック