FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
■[セキュリティ][P2P]プライバシー侵害の幇助者 / Winny特別調査員2

いやはや全く持って仰る通り。だからもし家の会社からそういう指示が出されたとしてら、まず拒否します。それでも強制されたら、持って帰って無視します。それを追求されたら、そうですねぇ、VM上に適当なOSでも入れてそこで走らせますかね。

結局このソフトってある意味のテストでもあると思うんですよね。会社なりからの指示に対して無条件で従うような人間。不条理な要求に対する対応を知らないような人間。そういう人間は、やはり情報漏洩の可能性が高いと判断するしか会社としては無いんじゃないかという気がします。まさか、個人宅まで押しかけてきてインストールをしていくってことまではしないでしょうからね。

セキュリティの問題ってのは、あちらをたてればこちらがたたず的な部分があって、全ての人間を一元的なルールで扱うのは、不可能なんです。それをそろそろ管理側も理解しなくてはならないでしょう。はっきり言って、情報漏洩をしているような連中や、その予備軍と判断されるような連中にプライバシー侵害だなどと主張していただきたくないというのはあります。なぜなら彼らにはそれを主張するだけの能力が欠如しているから。

繰り返しておきますが、僕は全ての権利は責任と共に発生する。例外は只の一つもない。と思っていますので、プライバシー権を含む人権は人として生まれただけで無条件に発生するなどという信仰告白になんの意味も感じません。プライバシー権を主張するのであれば、それに応じた責任を果たす必要がある。現在においては一定のITスキルとリテラシーが無い人間には、プライバシー権を担保することは出来ないというのは妥当な判断だろうと思います。

まぁ、そもそも漏洩するとまずいようなデータが持ち出されるという事実に問題があるんですけどね。そんなに個人のPCが心配なら、セキュリティガチガチにしたシンクライアントマシンでも社員に無償貸与してやればいいのにねぇ。で、VPNの口でも開けてやって、そこから社内のファイルにアクセスできるようにして、それ以外からのアクセスを止めてやれば、それが一番確実だと思うのだけど。安くかつお手軽に済まそうと考えるから、こういう妙な仕組みを考え出すんだろうね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/2622-b771e3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック